シニアライフWithポケモンGo

ブログランキング・にほんブログ村へ
出典: ttps://pokemongo.jp

シニアライフを楽しむためには、健康が第一です。健康ほどうれしく、楽しいものはない。これは病気にかかり、治った経験があるからこそ、言える言葉です。

シニアと若者との違いは、素早く何の抵抗もなく体を動かせることができるのか、どうかであります。健康でいるためには体を常に、意識して動かすことです。

また同時に頭を使うことです。何かにひらめき考える、それを可能にしてくれるのが『WithポケモンGo』なのです。

シニアのポケモンGo復活者が増えてます

出典: pokemongo.jp

ポケモンGoはGPS機能を活用することにより、現実世界そのものを舞台としてプレーするゲームです。たくさんの謎を秘めた不思議な生き物「ポケットモンスター」略して「ポケモン」を捕まえたり、バトルさせたりして遊びます。現実のシニアライフとの差が大きいからこそ、シニアはあこがれ、ポケモンGoに惹かれるのです。

根強い人気のシニアポケモンGo 競技人口

配信当初のアクティブユーザー数は1千万人を超えた!

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は game-mau-ranking-2019-06-4.jpeg です

ポケモンGoは日本では2016年7月20日前後に配信が始まり、多くの人が飛びつき一時は繁華街や公園を埋めつくすほどのポケモンGo人口となりました。MAU(月間アクティブユーザー数)約1,100万人といわれました。

ブームはすぐ終わり消えてしまうのか?と世間の人はそう考えました。ところが上のグラフの通り、1年後には半減以上落ち込んだが、その後は一定のリテンションを獲得しています。その実数は2019年6月時点で約440万人と推定されます。

ポケモンGoを支えているシニア・ヘビーユーザーの存在

出典: pokemongo.jp

ポケモンGoのMAU(月間アクティブユーザー数)は現在でも420~440万人程度と安定的に推移しています。その中で特徴的なのは約100万人といわれる、ヘビーユーザー(月20回以上アプリを起動する)の存在です。このヘビーユーザーこそポケモンGoの大得意さんで、シニアである中高年齢層が約1/3を占めています。

ポケモンGoがシニアに人気のある理由はなに?

スマホ移行への早急な進展がシニアにまで普及

ギガ通信網の急速な発展は、それに伴う通信コストにも大きな影響を与えました。携帯電話のスマホ化も新しモノ好きの若者たちから、シニア層まで広がっていきました。そしてメール文化に未対応だったシニア層もスマホを使って、コミュニケーションを取るようになりました。ライン、ツイッター、インスタグラムなどSNSも発達しました。いまやスマホは人々の生活にとって、不可欠のツールとなっています。

シンプルなのに面白くて無料

出典: pokemongo.jp

スマホ化の進展と同時期の2016年7月にアメリカを皮切りに全世界で「ポケモンGo」が配信されました。「ポケモンGo」は瞬く間に全世界を席捲しました。全世界では8.5億ダウンロード、 売上でも2,000億円を稼ぎました。 そして日本でも約1,100万人もの人が虜りこになり、売上も500億円確保しました。

その理由は「ポケモンGo」はルールがシンプルで面白くて、無料で遊べるからです。そしてそれがゲームなどしたことのなかったシニアを掴んでいるのです。

若者との接点となるツール

出典https://jp.freeimages.com

「ポケモンGo」をやることにより、若者とシニアあるいは親子、祖父母と孫など世代を超えた交流が広まり、コミュニケーションも活発となりました。

ポケモンGoの収益構造

誰が儲かっているの?

出典: pokemongo.jp

2019年7月現在全世界で1億人のプレーヤー、その経済効果は10兆円といわれています。「ポケモンGo」は基本的には無料で、十分遊べます。仮にゲームを有利にするため、課金をしてもわずかな金額(200~300円程度)で楽しめます。これで儲かるの?という疑問さえ生じてきます。

スポンサー広告が収入源

「ポケモンGo」はその収益を企業からの広告宣伝費で賄っています。例えば『 ポケストップ 』というプレーヤーを誘引できる場所があります。その場所のスポンサーを「マクドナルド」がやっています。プレーヤーはゲームを進める中で必要なアイテムをゲットするため、どうしても 『 ポケストップ 』 による必要があります。おのずとプレーヤーはそこに大挙して押し寄せます。

「マクドナルド」は自店舗を 『 ポケストップ 』 にすることにより膨大な年間増収となります。

440万人のプレーヤーの100人に1人がマックに行けば4.4万人×@300円として、1日1,320万円、年間では約48億円という巨額な増収となります。

仮に何十億円もの広告宣伝費を払ってもペイします。

今後どうなるの?

出典: pokemongo.jp

このように「ポケモンGo」の収益は広告宣伝費として企業が支出します。仮に「マック」が成功すれば他の競合企業もスポンサー契約を結ぶかもしれません。

スーパー業界ではすでに「イオン」が契約しています。「ポケモンGo」のイベント時には「イオン」に大量の人が押し寄せています。

今後とも、「ポケモンGo」の人気は衰えることは考えられません。日本広告業界の市場規模6.5兆円をますます、侵食することでしょう。1兆円は稼ぐのでは・・・

シニアライフWithポケモンGoの実態

Toshi爺WithポケモンGo

Toshi爺の「ポケモンGo」とのかかわりはもう3年以上であります。そう、日本での 「ポケモンGo」配信日(2016年7月22日)を調べて即ダウンロードしたバリバリのプレーヤーです。

「ポケモンGo」 の世界では『トレーナー』といいます。トレーナーにはレベルが1~40まであり、数字の多い方が上位です。これはポケモンを捕まえるともらえるポイント(XP経験値)を累積したものでTL40は2,000万XPポイント以上です。

ちなみにToshi爺はTL40の達人です。それを証明するために、上にある写真を撮りました。まず3枚ある一番下で、横になっている写真。左上に40という数字とtoshichanという名が読めますか?、次に2枚ある右側の写真・左下に始めた日2016/7/22TOTAL XP 22,205,784という数字があります。

シニアとポケモンGo

Toshi爺の例でも分かるように、シニアはポケモンGoのヘビーユーザーが多いです。それは前述のポケモンGoに人気のある理由でも述べましたが、それ以外にも理由があります。

健康志向・ソーシャル志向がシニアにマッチ

  1. 外出に歩く機会が増えるので、健康に良い
  2. ゲームをきっかけに友達ができる
  3. 考えることにより、何かがひらめき、脳が活性化する

Sport in LifeのロゴマークがポケモンGoに!

スポーツ庁が7月1日に発表した『Sport in Life』プロジェクトは、生活スタイルの一部としてスポーツを取り入れることを奨励するもので、このプロジェクトに沿っている取り組みにロゴマークが付与されます。『Pokémon GO』が多くの方々に楽しく歩くきっかけを提供している点がプロジェクトの趣旨に合致したため、認定されたものです。

出典:Niantic

シニアと相性が良いポケモンGo

出典: pokemongo.jp

シニアと「ポケモンGo」とのかかわりについて、さまざまな観点から、考察を試みました。

配信直後の2016年7月には約1,100万人だった競技人口は現在では約440万人まで減少しました。

そこからは下げ止まりでシニア層を中心にまた復活する人も増加しております。シニアの健康志向、ソーシャル志向の高まりの結果だと推定されます。

「ポケモンGo」をやることはすなわち外出に歩く機会が増えることです。それは健康増進につながり、生活の一部にスポーツを取り入れ、活動することです。

Sport in Life はまさに

「ポケモンGo」のためのキャッチフレーズ

シニアの使うスマホはハイエンドモデルを選ぶべきだ!

ウォーキングシューズ おしゃれ!ダイヤル式でシニアも脱ぎ履きイージー!標準仕様で十分!