MENU
メニュー

コーヒー効能 最新研究では長寿、がん、ダイエットに効能ありと言われるが本当なの?

ブログランキング・にほんブログ村へ
コーヒーの効能

コーヒー効能は主成分カフェインとポリフェノールが身体に及ぼす影響としてよく知られてます。カフェインは覚せい作用で集中力を高める効能があり、老廃物の排出を促進させる利尿効能など多彩な効能があります。ポリフェノールも活性酸素などから体を守る抗酸化作用の強い成分でがんや、動脈硬化、心筋梗塞、などの生活習慣病の予防に効能があります。

これらのコーヒー効能の他に、最新の研究論文ではアンチエイジング、長寿、がん予防、ダイエット、メンタルヘルスなどの分野からさまざまな効能が発表され、1杯のモーニングコーヒーが「2型糖尿病のリスクを下げる!?」という説、コーヒーに「肝臓がん」「乳がん」の予防効果があるとの発表もされました。果たして、それは本当なのか?ご紹介いたします。

コーヒー効能 長寿、がん、ダイエットに効能ありは本当だった!

コーヒー効能

  1. 2型糖尿病のリスクが11%低減(Beth Israel Deaconess Medical Center予防心臓専門医Murray Mittleman博士)
  2. コーヒーに肝臓がんの予防効果(国立がん研究センター予防研究部、井上真奈美室長のグループ)
  3. コーヒーのクロロゲン酸が、肥満関連病を予防(University of Georgia薬学部のYongjie Maポスドク研究員助手のグループ)

このところ、コーヒー効能に関する研究発表がメディアでも注目されています。アンチエイジング、生活習慣病、長寿、がん予防、ダイエット、メンタルヘルスなどの分野から、海外を中心に面白いと思う論文25本をまとめてみました。

https://www.wellba.com/hbnews/contents/coffee-efficacy-antiaging.html

コーヒー効能 2型糖尿病 との関係は?

出典:ライター撮影
広告

▼極み菌活生サプリ ・・・腸活ダイエットサプリ

 

コーヒー効能① 1杯のモーニングコーヒーが2型糖尿病リスクを軽減

実験はカフェイン入りコーヒー、カフェインレスのコーヒー、カフェイン入り紅茶の消費量の分析で行われた

  • 「カフェインが入っていないコーヒーやカフェイン入りの紅茶の摂取では、2型糖尿病との関連が見られなかった」
  • 「コーヒー摂取の習慣を変えることで、比較的短期間で、2型糖尿病リスクに作用することができる」
  • 4年間に渡って、毎日1杯以上増量して、コーヒーを摂取した人達は、摂取量を変えなかった人達に比べて、2型糖尿病のリスクが11%低減され
  • 1日に1杯以上、摂取量を減らした人達は、2型糖尿病のリスクが17%増加した

(Harvard T.H. Chan School of Public Health栄養学と疫学部Frank Hu教授)

コーヒー効能② コーヒーにはストレスを抑制する効能がある

  • コーヒーには、ストレスに反応して分泌されるコルチゾールの活性化を妨げたり、ストレスによる血圧上昇を鈍らせたりする作用がある
  • コーヒーを1日3杯以上飲むグループとそうでないグループに分けて分析してみたところ、男性にその影響が見られた
  • コーヒーを1日3杯以上飲む場合には、ストレスが多いグループでも少ないグループに比べて糖尿病発症のリスク上昇は見られません

コーヒー効能③ ストレスと糖尿病との関係

  • 精神的ストレスが内分泌学的な変化を起こしそれによって血糖値が上昇する、という考え方があります
  • ストレスを評価するのは大変難しいことですストレスが糖尿病を引き起こす、ということは生理学的には十分にありうることです
  • 今後より詳細なストレスの評価によりストレスと糖尿病との関係や、コーヒーと糖尿病の関係ストレスへのコーヒーの影響などが明らかになっていくことが期待されます
広告

▼和麹づくりの雑穀生酵素

コーヒー効能 オールマイティ何でも!

コーヒー

コーヒーの持つパワーは偉大です、コーヒー効能はまさにオールマイティ何にでも効きます。最新の研究発表である『長寿、糖尿病、ダイエットに効能あり』も正しいものでした。コーヒーを1日4杯飲んでストレス解消し、健康になりましょう!

最新がん事情分かってますか?簡単わずか5分で理解できる!

めずらしいお家を発見!これはなにかな?