Web文章の「書き方」入門教室【書評】

ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加
toshijj.com

「伝わりやすい」「わかりやすい」文章には 「基本の型」がある

分かりやすい文章

まえがき

簡単につくることができるWebサイトのツールやブログなどの発達により、外に向けて文章を書くという機会が圧倒的に増えました。

 

しかし、「書いてはいるものの、うまく伝えられていない」と感じている人は少なくないようです。

「伝わりやすい」「わかりやすい」文章には「基本の型」があることに気づきました。

 

まずは基本となる文章の「型」を使うことで、文章に対する苦手意識を軽減できるのではないかと考え、「型」に当てはめた書き方を解説してます。

Web文章の基本を知ろう

文章の基本・イメージ

Web文章の目的は「伝えること」

  1. Webサイトの文章は何のために存在する?→何かを伝えるため
  2. WebにはWeb向けの書き方がある→伝達されるまでの時間、シチュエーション、リフロー型と静的レイアウト
  3. 本書の目的と大まかな流れ→基本的知識・スキル、目的や読者の明確化、目的にあった文章を書けるようになる
 

「何のための文章か」を考える

  1. 文章を書く前に準備しておきたいこと→何のための文章か、誰に向けた文章なのか
  2. Web文章には3つの目的がある→①情報を伝える②読者に行動を起こしてもらう③コミュニケーションをする

「誰に向けた文章か」を考える

  1. 「誰に」が変われば文章も変わる→誰に向けた文章か
  2. 「誰に」を明確にする方法→WEbサイトの読者

Webの特徴を理解して書く

Webに掲載する文章5つの特徴

  1. 見出しやキャッチコピーの重要性が高い
  2. 長い文章は読まれにくい
  3. さまざまな環境で読まれている
  4. トップから読まれるとは限らない
  5. リンクでつながる

文章上達の5つのポイント

  1. 分かりやすい言葉を使う
  2. 目標になるWebサイトを見つける
  3. まずは書くこと、数多く書くこと
  4. 声に出して読んでみる
  5. トライ&エラーを繰り返す

書評

書評

前半の「Web文章の基本を知ろう」の部分は初心者向けの入門書として、事柄が良く整理されていて、わかりやすかった。

 

特にWebの特徴を理解して書くという部分は参考になった。それ以外の部分は本当に初心者向けの導入記事で、一般的でありきたりの感がした。

 

冒頭にある「伝わりやすい」「分かりやすい」文章の「型」は見えてこなかった。

Web文章に関する参考図書

Web文章はブロガーの最大関心事で、何とか「伝わりやすい」「分かりやすい」記事を書こうと努力して見えると思います。関連の参考図書を2点紹介いたします。outputだけでなく、inputもお忘れなく。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。