ひらめき(直観)と直感の違い分かりますか?

ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加
ひらめき(直観)と直感の違い

『ひらめき』とは大辞泉によると「すばらしい考えなどが瞬間的に思い浮かぶこと。直感的な鋭さ。」と説明されています。

 

『直観』と『直感』の違いがよく分からず、釈然としません。Wikipediaで調べても「掲載されていません」、そこでいろいろ調べてみました。

 

『直観』はひらめき、あるいは第7感といわれるもので、あきらかに『直感』とは別のものでした。『ひらめき』のルーツを探してみます。

ひらめき(直観)と直感の違いとは

直観

ひらめき(直観)と直感との5つの相違点

  1. ひらめき(直観)は意識が存在し、直感は無意識です
  2. ひらめき(直観)は論理的説明ができ、直感は感覚的に感じ取る、いわゆる「勘」です
  3. ひらめき(直観)は全く経験のない、未知の分野でも『閃く』、直感は過去に経験した類似の状況で瞬時に感じる
  4. 双方とも人間の五感を超越したものでひらめき(直観)は第7感、直感は第6感と呼ばれる(天才の閃きを科学的に起こす 超、思考法著者ウィリアム・ダガン氏の説)
  5. ひらめき(直観)は戦略的思考に通じるもの、直感は論理的説明ができないもの

[検証1] 意識下にあるのか、無意識か

https://toshijj.com/wp-content/uploads/2020/01/illustrain01-keirounohi15.pngToshi爺

ひらめき(直観)と直感の区分はまだ学説が定まっておらず、この双方を合わせて、従来からの人間の5感を超越するものとして第6感としているものが多く見受けられます。

しかし、「ひらめきシニアライフ」の主宰者であるToshi爺はひらめき(直観)と直感は明確に区分して、しかるべきだと思っております。

このブログでは 『天才の閃きを科学的に起こす 超、思考法』著ウィリアム・ダガン氏の説に従い第6感を「直感」、第7感を「ひらめき(直観)」として話を進めます。

検証1

「脳の働き」という観点から 直観大脳皮質の活動(思考や推理、運動の指令など) で意識的支配のもとで行われます。

直感大脳基底核の活動(運動の制御など) に分類され、無意識で行動となります。

[検証2] 論理的説明ができるのか、直感なのか

https://toshijj.com/wp-content/uploads/2020/01/illustrain01-keirounohi15.pngToshi爺

ひらめき(直観)は 論理的で実行する前から予測ができるものです。いわば『論理的思考』 です。それは本能とは異なり、無意識の判断です。その判断材料は、経験による記憶です。

一方、直感は Wikipediaによると、「感覚的に物事を感じ取る」とあります。
いわゆる「勘」という意味合いです。文字通り『直観的思考』 です。

検証2

論理的思考はロジカルシンキングとも呼ばれ、問題を細分化したうえで整理し、仮説を立て、検証し情報と分析作業を明確化します。論理的に適切な判断を下すことで結論を出すという方法です。

直感的思考は私たちがごく当たり前に身につけている思考法であり、素早く結論に至ったり、アイディアを出したりする際に役立ちます。 この場合論理的説明はできません

[検証3] 未知の分野でもいいのか、過去経験したものだけなのか

検証3

ひらめき(直観)は脳内の過去の記憶や目の前の状況などを、脳が勝手に組み合わせることで生じる。それまでに経験したことのない状況でも、斬新なアイディアを「閃く」ことができる

直感は、過去に同じ状況を何度も経験したことにより、類似の状況に一瞬で「直感的に」対応できる脳の動きを指す。つまり、過去に経験したことのない状況では働かない

[検証4] 第7感と第6感の違いは何か

検証4

第7感のひらめき(直観)ひらめくための4つのステップがある。①歴史の先例②オープンマインド③突然のひらめき④決意

常識的な考えから脱するオープンマインド、そして、突然の閃き、決意(強い意志)の重要性はもちろんですが、歴史の先例の蓄積が必要

第6感とも言われる直感とは、これまでに培った莫大なデータを元にした計算結果であり、 経験値がない分野に関しては直感なんて働かない

[検証5]  戦略的思考か、説明できない論理なのか

検証5

「天才の閃きを科学的に起こす 超、思考法」の著者は記事の中では、第7感の例として、エジソンやスターバックスのビジネスモデルを作り上げたハワード・シュルツを挙げて、 第6感の例として、消防士やアスリートなどを挙げ ています。

軍事戦略は、ビジネス戦略の原点である。「人生をどう生きるか」という現代人の人生戦略も、軍事戦略から生まれた第7感のひらめくための4つのステップは軍事戦略そのもので、戦略的思考であります

直観力のひらめき体験

Toshi爺の喜び表現
toshijj.com

ひらめき(直観)と直感の違い、納得いただけました

ひらめきと直感の違いを理解し、納得いただけましたか?ひらめきは「何とか良いアイデアがないか?あるいは何とか工夫しなければ・・」という葛藤の中から生まれ出るものです。

 

プログラミングで行き詰まったり、アプリの使い方がわからずに、2日も3日もずっと考えていたりした時にふと「ひらめき」ます。

 

実際、Toshi爺もいままで何度も体験してきました。『窮すれば通ずる』これが鉄則です。諦めずに、徹底して考える。これが『ひらめき』に通ずる道です。

直観は寝ることで『ひらめく』

睡眠には覚醒時の体験を整理し、記憶として脳に定着させる働きがあります。深い眠り(ノンレム睡眠)で体験から得た感情や事柄を整理し、浅い眠り(レム睡眠)で記憶として定着させるリズムを作ります。

 

まとまった時間で睡眠のリズムを作ることは、不要な感情や体験を取り除き、記憶能力を十分に生かすことにつながります。

(まとめ)     直観は寝ることで『ひらめく』!

「朝起きたら、1週間悩んでいたアプリが正しく動いた」

「ずっと、解けなかった問題が夢の中で解けた」

「朝起きたら、いいアイデアが思い浮かんだ」

   こんな現象が『ひらめき』です。睡眠中に脳が働き

   記憶が整理された結果です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。