脳が冴える15の習慣 【書評】記憶・集中・思考力を高める (生活人新書)

ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加
脳が冴える15の習慣
toshijj.com

最近、 何となく 脳 が 冴え ない と 感じる こと が ない でしょ う か? 話しかけ られ た とき パッ と 反応 でき ない

話 を 聞い ても 、本を読んでも、 内容 が 頭 に スラスラ と 入っ て こ ない

 

そういう 状態 を 自分 で 改善 さ せ、 脳 の 使い方 を 改める こと により、 記憶 力 や 集中 力、 思考 力、 意欲 などを 高める ことを目指し て い ます。

 

そのためには「 ごく 基本 的 な こと」 を 生活 に 取り入れる、 つまり、 脳 にとって 良い 習慣 を 身 に つける こと です。

本の紹介

  • 脳が冴えないと感じる時(一般的には頭が働かないときかな?)脳に自分で使い方を改善させることができます。
  • そのためには脳にとって良い習慣を身につけることです。
  • これらは基本的なことでわざわざトレーニングするというより、日常の生活に取り入れる、つまり習慣化すれば良いのです。
  • 時間や生活に負担にならずに、人生が豊かになります。
  • 習慣にする事項は15あります。脳の活動を安定させたり、前頭葉を鍛えたり、記憶力、コミュニケーション能力を高めたりするものです。
  • 必ずしも全項目やる必要はなく、自分に欠けている部分のみ習慣化すれば良いとのことです。

脳を生まれ変わらせる15の生活習慣とは

15の生活習慣
toshijj.com

本の要約ポイント

  1. 「冴えない脳」を治すために必要なのは、たまに行う脳トレーニングではなく、生活の改善である
  2. すぐにでも実行できて、有効性が高い15の習慣を提案
  3. 仕事ができる脳、若々しい脳を取り戻すためのポイントを分かりやすく示す
  4. ひらめき、創造力、クリエィティブな才能は脳の総合力をあらわす
  5. 交友範囲を広げる、活動を豊かにする
  6. 小さな成長を認めてほめる、これが脳には一番大事

著者の既出版本紹介

著者の経歴

築山/節
1950年、愛知県生まれ。日本大学大学院医学研究科卒業。埼玉県立小児医療センター脳神経外科医長、財団法人河野臨床医学研究所附属第三北品川病院長を経て、同財団理事長。医学博士。脳神経外科専門医として数多くの診断治療に携わる

まとめ

脳科学者として著名で、出版本も多く書いています。表現は専門用語を控えめにした語り口で、分かりやすい。特に痴ほう症関連の著書は高齢者にも、読みやすい本に仕上がっています。