イサキ釣り、究極のふかせ釣り

ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加
イサキ
zukan-bouz.com/

梅雨入りの6月初頭から釣れだす「イサキ」、伊勢湾から外洋に出て、大山沖の電車漁礁周辺に、相模灘から群れで回遊してくる魚。

 

日によって釣果はまちまち、魚のご機嫌次第で、たくさん釣れたり、超シブイ食いで少ししか釣れなかったり。

 

選んだ釣行の日により釣果は異なる。コマセにエサを付けた究極のふかせ釣りで「イサキ」を狙う。

誰も教えてくれない釣り方、お教えしましょう。

イサキ釣りの道具と仕掛け

イサキ船釣りの道具と仕掛け図

https://www.daiwa.com/jp/

イサキ釣り道具(船釣り)

【竿の調子など・・】

船釣り用の道具は釣る魚種によって専用の竿があるので、各々その魚に対応した竿が用意できれば、それが望ましいのですが、何分お金のかかることですし、私はハイエンドモデルの竿を1本(シマノ海攻ヒラメリミテッド)用意し、これで小物(キス・ハゼ)以外の全魚種釣りに対応しています。

 

以前は魚種によって竿を変えていましたが、スタンダードモデルの専用竿よりハイエンドモデルの竿(シマノ海攻ヒラメリミテッド)の方があたりもとりやすいし、釣果も多かったので、その流儀を通しております。

 

この竿は長さが2.7mでやや長め、7:3の先調子ですが胴まで、いい感じに曲がってくれます。柔らかくて粘り強いです。カタログ上はMHですから、やや硬めという表示ですが、実際は柔らかいです。

 

ヒラメはもちろんアジ、サバ、イサキのコマセ釣りから、カサゴ、メバルのエサ釣り、そして大物釣りに入るマダイやマダカ釣りにも使用します。

 

【電動リール】

電動リールについては魚種について糸の太さを変えるというより、釣る時の深度でPE3~4号を使い分けますが、私はPE4号ラインを300m巻いています。この仕様の電動リールで全ての釣りに仕様しています。

 

【ロッドフォルダ】

ロッドフォルダはこれ1つで万能です。不満はありません。

竿・電動リール・ロッドフォルダ

その他小物類

イサキ船釣り 仕掛け

イサキ船釣りの仕掛けは胴付仕掛けとふかせ仕掛けの2種類があり、乗合船では乗船者が多いとき、あるいは初心者が多いときは「胴付仕掛け」を使用し、乗船者が少ないときや経験者が多いときに【ふかせ仕掛け】を使う

 

釣果は【ふかせ仕掛け】の方が有利であるが、『おまつり』を少なくするために胴付仕掛けを使う場合もあります

 

【ふかせ仕掛け】は比較的簡単なので、自作の仕掛けを作成する人もいます。その場合に作成するのが、「ビーズ仕掛け」で下にある「スーパー回転ビーズ」を使用する。「ビーズ仕掛け」は糸とハリスが絡みにくいので、使い勝手も良く、釣果も上がります。

誰も教えてくれない【仕掛けの秘密】

仕掛け全体の長さとハリスの太さが決め手

①仕掛け全体の長さは【竿>仕掛け】、竿が3.0mなら3.0m以下

②針がついているハリスの太さは2.0号以下

イサキ釣り・つけエサ

『コマセを撒いて釣るのに、つれエサがいるの?』、そういります。食いの悪いときは、つけエサがないと見向きもされません。船でつけエサも配られますが、ふにゃふにゃのオキアミなど質が悪くてあまり魚が食わないし、すぐ落ちてしまう。自分で用意する。

誰も教えてくれない【つけエサの秘密】

鮮度が良くて、エサ持ちの良いつけエサを自分で用意する

鮮度の良い、生の大きめのオキアミ

イカの短冊(生の本物でも良い)

イサキ釣りの仕方(船釣り)

イサキ釣りイメージ画像
toshijj.com

「イサキはタナを釣れ」とよく言われます。船長指示タナより1メートル違ってもイサキは食いません。そういった意味ではシビアな釣りで釣り人の技量が試される釣りです。

 

しかしながら、『イサキ釣り、簡単だったよ。大きいのが20匹以上釣れたよ』というビギナーの方も見えます。どちらが本当でしょう?多分「簡単に釣れたよ」という人と「難しくて、3匹しか釣れなかった」という人、どちらも真実でしょう。

 

イサキは釣行した日の状況によって、釣果が大きく変わる釣りなのです。新しい群れが漁場に到着したばかりの時期は移動中にあまりエサを取っておらず、群れ全体が荒食い状態で、仕掛けを下ろせばすぐ飛びついてきます。この状態では少しぐらいのタナの違いは関係なく、ほぼ入れ食い状態となります

 

そんな日は群れが到着して2~3日のことで、次の群れが到着するまでの15~20日は普通の状態でタナが違えばくいが悪いのです。確率としては1/10つまり、10日に1度くらいある状態です。つまり、10人中9人はイサキ釣りは難しいと言い、残された1人は簡単だと言うのです

 

でも、せっかく釣りに行くのだから、条件が悪い日でも船長の指示したタナに合わせてコマセを撒き、イサキを仕留めようではありませんか。そのための釣り方、お教えします。

① タナの取り方(中層を泳いでいる場合)

タナ取りのイラスト・イメージ
http://www3.coara.or.jp/~chidori/

通常の場合、イサキは中層を泳いでいる。船長は魚探を見てイサキの群れわ発見するとタナを指示する。例えば『水深85mで、タナは70m』、『準備のできた人から投入してください』こんな指示が船長から出ます。

 

そこで、エサを詰めてあらかじめ用意してある仕掛けを投入します。投入OKの放送があると同時に仕掛けを投入することが一番大事

 

船長は自分のいる操舵室の真下にイサキの群れが到着する時間を読んで、投入の合図をしている。投入が遅れると、すでにイサキの群れは通り過ぎていて、なにもいないところに仕掛けを流している。それでは釣れません。

誰も教えてくれない【タナ取りの秘密①】

電動リールのカウンターを信用し、指示タナのまで仕掛けを下ろす

①リールカウンターの誤差もあるので、PEラインの色で確認する

②誤差が判明したら正規のタナに合わせて仕掛けを投入

② イサキが海底近くにいる場合

http://www3.coara.or.jp/~chidori/

海底の起伏がほとんどなく、ほぼ一定の深さの釣り場では、大抵、魚は底近くに居ます。 このような場所ではまず最初にオモリだけを下ろして底を取りますそこからPEラインの色を見ながらハリスの長さ分、約3m巻上げた所で止め、その位置でリールのカウンター数を確認、覚えておいて下さい

 

その位置(カウンター数)を覚えたら、仕掛け・エサを付けて投下、先ほど覚えたカウンター数の位置で止めて釣り始めてください。いちいち底を取る必要はありません。これは、なるべく根掛りを防ぐための手法ですが、時々、底を取る事も忘れずに。(何度か仕掛けを上げ下げしているうちに誤差が出てくるため)

 

誰も教えてくれない【タナ取りの秘密②】

先にオモリだけを下ろし、タナのカウンター数を確認しておく

①船長のいった水深と自分のカウンターの差分を明確につかむ

②あたりが少なくなったら、底を取り直す

仕掛けのおまつりを防ぐために

http://www3.coara.or.jp/~chidori/

仕掛けをタナの位置で止めた後に、すぐに”シャクリ”をしてしまうと、ハリスが道糸にオマツリしてしまいます。 タナの位置で止めたら仕掛けが馴染むまで約15~30秒待ってから、シャクリます

 

また、シャクリ方法も、アジサバ釣りの様に激しくシャクるのではなく、大きくゆっくり竿を上げ、ゆっくり下ろすといった感じで。激しくシャクるとオマツリの原因にもなりますし、オキアミの場合は、ゆっくり上げ下げする方が、カゴからの撒き餌の出がいいのです

タナの誤差に気を付ける

http://www3.coara.or.jp/~chidori/

イサキは、魚のタナに仕掛けをしっかり合わせないと釣れません。
魚が底に居る場合は、さほど苦労はしませんが、魚が中層に居て、魚の層が薄い場合は、ちょっと苦戦します。魚のタナに合わせるには・・・
電動リールに表示されるカウンター数は、オモリまでの距離なので、それプラス、ハリスの長さを考えなくてはいけません

誰も教えてくれない【タナ取りの秘密③】

電動リールのカウンター数は、オモリまでの距離

①タナまでの長さはカウンタープラス仕掛けの長さが必要

②仕掛けの長さが、長いほど誤差(影響)が大きい

イサキ釣り究極のふかせ・まとめ

イサキ船釣り・究極のふかせ釣りと題して、イサキつりの秘訣、誰も教えてくれない秘密など、私の培ってきた全てをご紹介しました。これでイサキ釣りはあなたの得意分野になるでしょう。ぜひ、これを活用して大釣果を獲得してください。