意外と知らない!Wi-Fi(ワイファイ)のすべて

ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加
意外と知らない!Wi-Fiのすべて

Wi-Fi(ワイファイ)とは何かを正確に把握していますか?意外と知らない人が多いのです。今さら、人に聞けないというプライドもあります。

 

そこで、無線LANとの相違点Wi-Fiで何ができるのかWi-Fiを使うための方法、Wi-Fiの設定・接続についてなど、知っておいて損はないWi-Fiの基礎知識をご紹介します。

Wi-Fiの基礎知識

Wi-Fiの基礎知識
  • Wi-Fiとは無線で通信する端末がお互いに接続可能になる方式(規格)の名称。現時点でのWi-Fi規格の主流は「11ac」(正式名はIEEE802.11ac)で「Wi-Fi 5(ワイファイ ファイブ)」と呼ばれる
  • 今後のWi-Fiは、次世代高速規格「11ax」(正式名はIEEE802.11ax)が普及して行くと考えられています。この新規格は「イレブンエーエックス」 「イチイチエーエックス」などと呼ばれ、「Wi-Fi 6(ワイファイ シックス)」とも表現される

① Wi-Fiと無線LANはどう違うのか?

Wi-Fiとは「無線LAN機能」そのものを指す用語として使われており「Wi-Fi=無線LAN」と捉えて差しつかえない

Wi-Fiとは

Wi-Fi(ワイファイ)」とは、異なるメーカーの無線LAN機器であっても、互換性がある規格の製品ならば、問題なく通信できることを保証したマーク、およびブランド名

無線LAN機器を製造するメーカーが集う業界団体で策定・認定している。転じて、現在では「無線LAN機能」そのものを指す用語として使われている

LAN とは

LAN(ラン)」は、ローカル・エリア・ネットワークの略で、「構内通信網」と訳す。同じ建物内にあるコンピューターやデジタル機器を接続してデータのやりとりを行うことを指している

機器間を接続する物理的な方法は問わないが、ワイヤレスで接続するものを「無線LAN」ということを受けて、「LAN」といった場合にはケーブルを使った有線LANを指すことが多い

② Wi-Fiにすると何ができる?

Wi-Fiのメリット

Wi-Fiの最大のメリットは、ケーブルを使わずにLANに接続できること

  1. 生活が便利に、快適になる

  2.  配線がすっきり

  3. スマホのデータ量を節約

③ Bluetooth(ブルートゥース)とどう違うのか

  • スマホとパソコンには、Wi-Fi以外に「Bluetooth」という通信手段が装備されている。Bluetoothは、Wi-Fiと同じく電波を使う通信手段のひとつだが、Wi-Fiとは利用用途が異なる
  • Wi-Fiがインターネットの接続をはじめとするデータ通信(ファイルの転送等)に主眼をおいているのに対し、Bluetoothはキーボードやマウス、スピーカーやイヤホンといった周辺機器との接続・制御に主眼をおいている
Wi-Fiの通信距離

①比較的長距離(数十mから100m程度)まで電波が届く

②最新規格であれば有線LAN並みに高速だが、消費電力が多い

③スマホやパソコンなどをネットにつなぐ場合によく使われる

ブルートゥースの通信距離

①主に数十cm~数m程度の近距離通信に利用される

②通信速度は遅めだが、消費電力が少なく、電池のもちがよい

③スマホとスピーカーなど機器同士の通信に利用される

④スマホから他の機器を操作する場合に使われることも多い

Wi-Fiはどうやって始めたらいいの?

Wi-Fiはどうやって始めたらいいの?
  • Wi-Fiは、Wi-Fiの電波とWi-Fi対応の端末があれば、様々な方法で利用することが可能

  •  

    Wi-Fi対応の端末としてスマホを持っている方も多いと思うので、Wi-Fiの電波を使うための4つの手段を紹介します

Wi-Fiを使うための4つの方法

① インターネットを契約し、Wi-Fiルーターを用意

Wi-Fiルーター
https://hikari-n.jp/west/service/wifi.php

【固定回線(光)】:家まで光ケーブルでインターネットを繋ぐ

  1. 安定した高速通信ができ、速度制限もありません
  2. 一家に一台導入し、家族全員スマホをWi-Fiにつなぐことで節約する人が多い
  3. すでに光回線など固定のインターネットを契約している人は新たな契約なしでWi-Fiを使える
  4. 家の中だけで、他の店の中、外出時は使えない

ポケットWi-Fi:持ち運べるWi-Fiが欲しい人に

ポケットWi-Fi
https://gmobb.jp/wimax/device/w06/?

線いらず、どこにいても専用のルーターでWi-Fiが使える

  1. 家の中だけではなく、どこでも使えるWi-Fiが欲しい人はポケットWi-Fiがおすすめ
  2. 専用のルーターが無線で電波をキャッチして、Wi-FiルーターとしてWi-Fiの電波を飛ばしてくれる
  3. 引っ越しの時も開通工事がいらないため、簡単にWi-Fiを繋いでインターネットを利用できる
  4. 3日で10GBなどのゆるい制限があるので、家で動画をガンガン観るような方、家族でWi-Fiをしたい方は固定回線をおすすめ

テザリング:ほんの少し使ってみたいくらいなら

テザリング
https://internet-kyokasho.com/about-wifi/

スマホの【テザリング機能】を試してみる

  1. ポケットWi-Fiと迷う人は、1ヶ月だけテザリングを使ってみることをおすすめします

  2.  

    その結果、スマホのデータ量をオーバーしてしまうようであれば、翌月からポケットWi-Fiを使う

  3.  

    普段からデータ量が足りないという方は、ポケットWi-Fiを上手く使えばデータの追加を防げるので、ポケットWi-Fiがおすすめ

Wi-Fiスポット:特定の場所だけで使える

フリーWi-Fi
https://internet-kyokasho.com/about-wifi/

特定のお店や交通機関でのみで利用可能

  1. Wi-Fiスポットは、主にカフェ、ホテル、コンビニなどが、集客目的に導入しています

  2.  

    特に、無料で使えるフリーWi-Fiは、以下のように多くの店舗で導入されています

  3. セキュリティに不安がある
  4. スマホ会社もWi-Fiスポットを提供

Wi-Fiの接続設定の仕方

基本的には手動設定(QRコードが印刷されていればQRコード設定も可能)

  1. 基本的なルールを知っていれば、難しくない。そのルールはWi-Fiに接続したい機器の設定画面でWi-FiルーターのSSIDを選択し、パスワード(暗号化キー)を入力するである。
  2. これは一般的に「手動入力」という方法になるが、iPhoneでもAndroidスマホでも、WindowsパソコンでもMacでも、すべてこの手動入力でWi-Fiに接続できる。
  3. QRコードが印刷されていればQRコード設定も可能
SSIDとは

SSIDとは、Wi-Fiルーターの識別番号で、Wi-Fiルーター1台ずつ異なるものが割り当てられている

パスワードは、Wi-Fiの通信内容を暗号化するためのコードで「暗号化キー」ともいわれる。SSIDとパスワード(暗号化キー)は、Wi-Fiルーター本体に印刷されているので、事前に写真を撮るなど、メモしておくこと

意外と知らないWi-Fiのすべて・まとめ

意外と知らない!Wi-Fiのすべてと題してWi-Fiの基本的事項について「おさらい」しました。Wi-Fiのメリットや使うための4つの方法について説明もいたしました。

 

Wi-Fiを使う場面が【家の中が主力】か【家の外・外出時が主力】なのかでおすすめが変わってきます。

 

別の記事で『ポケットWi-Fiのおすすめ』、『光回線のおすすめ』をご紹介しますので、そちらもよろしくお願いいたします。