今こそ、ウォーキング!間違いなく身体によい

ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加
今こそ、ウォーキング

コロナの危機の外出自粛生活中は、ウォーキングの効果を見直す機会です。

 

ウォーキングは間違いなく、身体によい。心身の健康を維持する助けになりますし、普段のペースをスローダウンして周りの景色に目をとめる時間と余裕を持つ機会になります。

 

時間的に長時間でなくても、連続しない小間切れ時間でも効果はあります。

 

もう一度、ウォーキングのすばらしさを再発見いたしませんか?

ウォーキングの効果

ウォーキングの効果はさまざまな分野で、効果が認められますが、具体的な項目として以下のものがあります

  1. 肥満解消
  2. 生活習慣病の予防
  3. 血中の中性脂肪の減少
  4. 血圧や血糖値の改善
  5. 心肺機能の改善
  6. 骨粗しょう症の予防

① 最低限でも効果ある、1日30分でもOK

  • 運動を継続できない人にありがちなのが、どうしても「頑張り過ぎる」ことです
  • 例えばランニングを始めたとしても、運動不足にもかかわらず、勢いよく初日から普段走らないような距離を走る
  • 無理をして長時間のメニューに挑戦したり、理想のフォームや効率も知らないまま取り組んでしまった結果、翌日以降に大きな疲労や筋肉へのダメージが残る
  • こんなにつらいなら…と続かなくなってしまうことがほとんど
  • その後気が重くなり休んでしまったり、休んだ分を取り返そうとまた無理をしたり
  • これでは続かないのもうなずけますね

② 【30分間ウォーキング】のおすすめ

できるだけ毎日行う代わりに、翌日に疲労がたまらないよう、軽度なウォーキングを比較的短い「30分間」前後行います


無理をしないから、続けやすい。続くから、全身バランスよく鍛えられ、太りにくくやせやすい体を作ることができます

【30分ウォーキング】のおすすめ理由

  1. ウォーキングは身体への負担が少ない
  2. 普段の生活に近い負荷で運動を行うので、関節を痛める可能性も減る
  3. 正しいフォームが姿勢改善につながる
  4. 正しいフォームをきちんと意識しながら、腕、足を理想的に動かすことが容易
  5. ウォーキングの正しいフォームのチェックをする
  6. 背筋を伸ばしてあごは軽くひき、視線は足元ではなく前方15mほどをみる
  7. かかとからつま先へソフトに着地(足のうらに全体重をかけ、足の指の付け根辺りから蹴るように踏み出す)
  8. 下腹部に力を入れて、腰が上下に動かないように意識し”腰から歩く”
関連図書紹介

日常生活の中に運動を取り入れる。分かっていてもそれが出来ない人は多いもの。そして、40代でも50代でも運動を始められなかった人は、60代70代になったときに、確実に筋肉の量が少なく、足腰が弱り、寝たきりになりやすくなる。そうなる前に、ロコモ&メタボ対策のもっとも手軽な第一歩として、「数値改善」ウォークをご紹介。

著者:園原 健弘(そのはら たけひろ): 1962年生まれ、明治大学卒。92年バルセロナでは50km競歩日本代表。明治大学競走部コーチ、アトランタオリンピック陸上チームコーチを歴任。現在はウォーキング&ジョギングのアドバイザーとしてスタジオを運営、行政からの依頼で高齢者のロコモ対策、運動機能回復のトレーニング、講演などを活発に行っている。

広告

内脂サポート500円モニター現在CMも積極的に放送しており、初動の純広告で品薄状態になるほど獲得の見込める商品です!

朝30分のウォーキングで心身リフレッシュ

朝30分ウォーキングで心身リフレッシュ

ウォーキングでの効果については、すでにお話しました。ここではその具体的例として『朝30分のウォーキングで心身リフレッシュ』を図ろうという、提案です。

朝30分ウォーキングのメリット

朝 の 目覚め には この 30 分の 散歩 が 効果的 で ある。 睡眠 モード から 活動 モード に 体 が 切り替わっ て いく こと を 実感 できる

 

それ は、 まさに 中毒 の よう な もの で ある。 朝 起き て 一日 を 始める のに、 そんな 儀式 が ない と 始まら ない ので ある

 

日差し を 浴び ながら 深呼吸 を する こと で、 心 と 体 が リセット さ れ て いく のを 感じ る

朝30分ウォーキングをするメリット
  1. 朝30分で心身ともにリフレッシュできる
  2. 朝のルーチィンとして定めることで、脳の活性化につながる
  3. 歩きながら計画が立てれる
  4. ウォーキングの最中にアイデアが湧き出る
  5. 自然と触れ合うことで、ストレスが解消できる
  6. 四季折々の季節感に触れることができる
  7. 脳をリフレッシュすることができる
関連図書紹介

本書はウォーキングを朝の30分という短い時間に設定し、その楽しさや効果などを記したものである。特に筆者は「プチ運動」と題して、無理なく運動することを勧めながら、その中でウォーキングが最適であることを主張している。さらに、ウォーキングの効果として、健康維持はもちろんのこと精神的にリフレッシュする効果や生活の知恵、さらには受験勉強の効果など様々な利点があることに注目し、朝30分のウォーキングを勧めている

山口和男著 上智大学卒

関連図書紹介

一見厳しいお言葉で書かれている事もありますが具体的で現実的、実践可能な勉強法が詰まっています。
実は人生で初めて手に取った自己啓発、ビジネス書がこちらでした。

古市/幸雄 著
明治学院大学文学部英文科卒。読売新聞社編集局写真部退社後、ニューヨーク州立大学アルバニー校で経営修士号(MBA)を取得。帰国後3年間で、翻訳、手帳・目標達成関連、英語学校の3つのビジネスを立ち上げる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

今こそ、ウォーキング・まとめ

今こそ、ウォーキングと題して『ウォーキング』は間違いなく身体によいこと。最低限の運動量でも、一日の内小間切れに分断して実行しても、効果はあります。特に朝30分のウォーキングは身体だけでなく、脳や心にもよい影響をもたらします。毎日でなくても、無理しないで【朝30分ウォーキング】に取り組んで下さい。

広告

▼内脂サポート500円モニター現在CMも積極的に放送しており、初動の純広告で品薄状態になるほど獲得の見込める商品です!

BISERA(ビセラ)年齢と共に善玉菌が減少?!腸内フローラを応援、ダイエットサポート!「生」菌たっぷり!