堀川(黒川)の源流をたずねて、庄内川までさかのぼる

ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加
庄内川取り入れ口(庄内用水元圦樋門)
toshijj.com

【堀川はここから始まる、いわばここが源流だ】

  • 名称は庄内用水元圦樋門と呼びます
  • 庄内川にかかる水分橋(みずわけばし)のたもとに樋門(ひもん)があります
  • これは庄内用水の元杁(もといり とり入れ口)樋門。堀川はここで庄内川からわかれて流れはじめます
  • 取水した水は、堀川や農業用水、工業用水にも使われており、ここは堀川の環境(かんきょう)や名古屋南西部の農業、工業にとってたいせつな所です

堀川(黒川)源流部頭首工・元圦樋門付近の風景

この航空写真で堀川源流の風景がよく分かる。手前が庄内川、奥に見えるのが矢田川。矢田川を地下水路で伏越し、三階橋のポンプ場に流入

庄内川の架かる水分橋のたもとにある、【庄内用頭首工・水元圦樋門】

庄内川の対岸から見た、庄内用水頭首工・元圦樋門の風景

庄内用水頭首工・元圦樋門について

頭首工とは

頭首工とは、川の水をせきとめて樋門に水が流れやすくするためのもの

・庄内川を横断してダムのようなものが作られています。ゲート〔門〕を上げ下げしたり、ゲートの角度を変えたりして川の水の高さを調整します

・この頭首工ができたのは昭和28年(1953)。それまでは、田に水をたくさん送らなければならない春になると、毎年川を横断するダムのように石を積んで、川の水面の高さを高くしていました

元圦樋門とは

樋門とは、水を取り入れるために堤防(ていぼう)に開けたトンネルと、取り入れる水の量を調整したり、大水の時などに水が入ってこないように閉めたりするためにつくられている扉(とびら)のこと

・樋門は、この場所から取水するようになった明治10年(1877)につくられましたが、明治24年(1891)の濃尾地震(のうびじしん)でこわれたので、明治25年(1892)につくり直しました

・これらは木でできていて長持ちしなかったので、明治43年(1910)に石造りでまたつくり直されました

・これは長い間使われてきましたが、昭和63年(1988)に石造りの古い樋門を残したまま、新しい樋門がつくられました

堀川の出発点(庄内用水元圦樋門)

頭首工で水をせき止め、この元圦樋門から水を流す

堀川の生い立ち

  • 堀川(ほりかわ)は、愛知県名古屋市を流れる庄内川水系の一級河川
  • 江戸時代初期の名古屋開府に際して、建築資材運搬用の運河として伊勢湾から名古屋城付近まで開削されたことがそのルーツ
  • その後、明治初期において庄内川からの取水を開始し、庄内川水系に属する形となった

堀川の地理

愛知県名古屋市守山区にて庄内川から取水する形で始まり、矢田川を地下水路で伏越した後、名古屋城のある南西方向へ流れる。名古屋城を北側から西側に回り込んだ後、名古屋市中心部を南方向へ流れて伊勢湾(名古屋港)に注ぐ

出典:https://www.city.nagoya.jp/
  1. 庄内川の水分橋東側に所在する庄内用水頭首工においてせき止められた水を庄内用水元杁樋門より取水し、水路は庄内用水として南下する
  2. 矢田川の地下を三階橋東側に所在するトンネル(伏越)でくぐり、トンネル出口の三階橋ポンプ場内で農業用水である庄内用水と分岐する
  3. 水量調整用の水門である黒川樋門から通称「黒川」として名古屋城周辺まで南西方向に流れる
  4. 名古屋城を北側から西側に回りこ込んだ後、朝日橋以降は「堀川」としてほぼ南方向に流れ、河口の名古屋港(伊勢湾)に至る

堀川の歴史

一般に堀川は、1610年(慶長15年)に福島正則が徳川家康の命により、名古屋城築城の天下普請に際して資材運搬を目的とした水路として、2013年時点における朝日橋付近までを掘削したとされている

ただし、当時の土木技術の水準では、何もない所に全く新しい水路を引くのは困難であるとして、堀川の位置には元々、何らかの自然河川が存在したとする説も存在する

  1. 名古屋城付近の堀留(朝日橋以北)の上流部は、堀川と並行して流れていた庄内用水の東井筋に注いでいた大幸川の付け替えとして、江戸時代後期の1784年(天明4年)に2013年現在の猿投橋付近から朝日橋付近までが開削されたとされる
  2. さらに明治に入り1877年(明治10年)、愛知県技師の黒川治愿によって、矢田川を地下で伏越して庄内川を横断し、八田川・新木津用水を経由して犬山死に至る運河として、大幸川を延伸・拡幅する形で開削または拡幅・浚渫された
  3. この経緯から、堀川の朝日橋から矢田川手前の黒川樋門の間の区間は通称として「黒川」と呼ばれている
  4. 黒川の開削当時には、平行して御用水と呼ばれる名古屋城の堀の水源となる用水路が流れていた。御用水は、1663年(寛文3年)にそれまで名古屋城の堀の水源となっていた湧水が枯渇してきたことに対応する形で開削された用水路である
  5. 開削当初は矢田川から取水を行っていたが、1676年(延宝4年)に庄内川(竜泉寺付近)から取水し、矢田川を伏越する経路に変更されている
  6. 名古屋城の堀からは辰之口水道大樋(2013年時点の朝日橋と大幸橋の間)から堀川に放流されるようになり、これにより堀川に河口方面への流れが生じるようになったとされる
  7. 黒川開削に際して、御用水についても黒川と同じ庄内用水頭首工からの取水に切り替えられた。以後、黒川と御用水は名古屋城近辺まで並行して流れる形となっていた
  8. 1972年(昭和47年)に御用水は黒川に統合される形で埋め立てが行われている。埋め立て後は1974年に御用水跡街園として整備されている

2つの樋門について

庄内用水元圦樋門

庄内用水元圦樋門

【庄内用水元杁樋門(しょうないようすいもといりひもん)】堀川の水源となる庄内川(庄内用水頭首工)から取水した水の樋門。名古屋市守山区瀬古にある

  • 庄内用水は運用開始時には庄内川を越えてさらに北の地域への船運にも利用する計画であったことから、元杁樋門も船舶が往来できる高さを持った水路となっている
  • 矢田川を暗渠を築いて越えてまで庄内川の水を採取する構造としたのは、矢田川の水がその上流に瀬戸の陶土地帯を持つなど砂を多く含み、勾配のほとんどない堀川に流入させると砂が溜まることによる維持管理に労力がかかることを避けるためである
  • 2012年時点で現存する樋門は1910年(明治43年)に改修された石造りのものであり、この建造には「人造石工法」が用いられている

  •  

    人造石工法とは、日本家屋における土間のような土を固める技法である「たたき」を大規模な土木建造物においても使用できるよう、消石灰に多量の風化花崗岩を混ぜて水練りしたものに砂を加えた上で、石と交互に積み上げ突き固めるものであった

  • 工事が行われた当時はセメントが輸入されるようにはなっていたものの非常に高価であり、一般の工事に使用できる状況ではなかったが、服部の人造石工法によりコンクリートと同等の構造物を築くことが可能となった

黒川樋門

黒川樋門

【黒川樋門】(くろかわひもん)は、庄内用水の水が地下水路により矢田川を越した出口にある樋門。名古屋市北区辻町にある

  • 2012年時点で現存する樋門は、明治期に造られた石造の樋門の上に、昭和末期の1980年に復元された木造の上屋が設けられている。樋門の上は橋となっており、人や自転車が通行可能である

  • 矢田川を越える地下水路(伏越)は、かつては庄内用水元杁樋門と同様に水路を船舶が通行することを考慮した高さを持つ人造石工法によるものであった

  • その後コンクリート製のサイフォン式のものに改築され、2012年現在運用されているものは船舶の通行を考慮していない

  • 庄内川で採取された水は伏越通過後、黒川樋門の手前の地点である三階橋ポンプ場内で堀川(黒川)と庄内用水に分かれる

  •  

    黒川樋門は1992年10月5日付で名古屋市都市景観重要建築物等に指定された

堀川・・・名古屋港~庄内川 動画

シリーズ堀川と名古屋城INDEX http://network2010.org/article/2005

堀川(黒川)の源流たずねて・まとめ

堀川(黒川)の源流をたずねてと題して、いつも題材の一つとして取り上げている『御用水・御用水跡街園』との関連まで調べてみました。堀川を黒川といういわれや御用水とは何かなど、おわかりいただけましたか?ぜひこの機会に名古屋を縦断している唯一の河川である堀川の実態をご理解してください。都市河川の諸問題もまた、別途考えるべき時期かもしれません。