googlefc.controlledMessagingFunction キラキラネームの基準案とは?名前の読み方の法制化でどうなる? - ひらめきシニアライフ

キラキラネームの基準案とは?名前の読み方の法制化でどうなる?

スポンサーリンク
キラキラネーム トピック

あなたは、自分の名前に満足していますか?もしくは、自分の名前を変えたいと思ったことはありませんか?
名前は、人生に大きな影響を与えるものです。名前は、自分の個性や価値観を表現する手段であり、他人からの印象や評価を左右する要素でもあります。
しかし、名前には様々な問題もあります。特に、近年話題になっている「キラキラネーム」に関する問題は、多くの人が関心を持っているでしょう。
キラキラネームとは、漢字本来の読み方や意味と異なる読み方や漢字を使った名前のことです。例えば、「大空(すかい)」「騎士(ないと)」「海(まりん)」「宇宙(ぴかちゅう)」「天使(えんじぇる)」などがその代表例です。
キラキラネームには、個性的で魅力的なものもありますが、一方で、読み方がわからなかったり、意味が不適切だったり、差別や偏見を受けたりする可能性もあります。
そこで、この記事では、「キラキラネーム 法改正」というキーワードで検索するユーザーに向けて、以下のような内容を詳しく解説します。
キラキラネームの定義や歴史
戸籍法の改正案やキラキラネームの基準案
名前の読み方や変更に関する情報
この記事を読むことで、あなたは以下のような答えや結論を得ることができます。
キラキラネームがどこから来たか、どんな背景や理由があるか
戸籍法がどう改正されるか、どんな影響があるか
名前を変更したい場合はどうすればいいか
また、この記事では、以下のようなメリットやベネフィットを得ることができます。
キラキラネームに対する認識や評価を見直すこと
名前に関する悩みや疑問を解消すること
名前に関する手続きを知ること
名前はあなたの大切な財産です。名前に関する最新の情報や方法を知って、自分の名前に自信と誇りを持ちましょう。この記事があなたのお役に立てれば幸いです。それでは、さっそく始めましょう!

はじめに

あなたは、自分の名前に満足していますか?もしくは、自分の名前を変えたいと思ったことはありませんか?
名前は、人生に大きな影響を与えるものです。名前は、自分の個性や価値観を表現する手段であり、他人からの印象や評価を左右する要素でもあります。
しかし、名前には様々な問題もあります。特に、近年話題になっている「キラキラネーム」に関する問題は、多くの人が関心を持っているでしょう。

キラキラネームとは何か?

キラキラネームとは、漢字本来の読み方や意味と異なる読み方や漢字を使った名前のことです。例えば、「大空(すかい)」「騎士(ないと)」「海(まりん)」「宇宙(ぴかちゅう)」「天使(えんじぇる)」などがその代表例です。
これらの名前は、一般的には読めないか、読み方が複数ある場合が多く、正しい読み方を知らなければ発音できません。また、漢字の意味やイメージとも合わない場合があります。例えば、「宇宙」という漢字は広大な空間を表す一方、「ぴかちゅう」という音はポケモンのキャラクターの名前です。このように、漢字と音が不一致している場合もあります。

キラキラネームがどこから来たか?

キラキラネームが登場した背景や理由には、様々な要因が考えられます。ここでは、主なものを紹介します。

個性的な名前をつけたい親の願望や影響力

親は自分の子どもに対して愛情や期待を込めて名前をつけます。その際に、子どもに個性や魅力を与えたいという思いや、自分の好きなものや人物にちなんだ名前をつけたいという思いが働く場合があります。また、芸能人や有名人の影響も大きく、彼らがつけた名前や彼らが演じた役柄の名前が流行することもあります。

漢字表記が自由化されたこと

戸籍法では、氏名に使用できる漢字は常用漢字表(2136字)と人名用漢字表(863字)の合計2999字に限られています。しかし、これらの漢字はあくまで表記に関するものであり、読み方に関しては規定されていません。つまり、漢字の読み方は自由に決められるということです。このことが、キラキラネームを可能にした要因の一つです。

出生届に読み仮名が必須でなかったこと

出生届は、子どもが生まれたときに提出する書類です。この書類には、子どもの氏名や性別などの基本情報が記入されます。しかし、2019年4月1日までは、出生届に読み仮名を記入することは必須ではありませんでした。つまり、漢字だけで名前を登録できたということです。このことも、キラキラネームを生み出した要因の一つです。

名前は、人生に大きな影響を与えるものです。名前は、自分の個性や価値観を表現する手段であり、他人からの印象や評価を左右する要素でもあります。
しかし、名前には様々な問題もあります。特に、近年話題になっている「キラキラネーム」に関する問題は、多くの人が関心を持っているでしょう。

戸籍法の改正案とは何か?

戸籍法の改正案とは、氏名に読み仮名を記載する制度を導入することを目的とした法案です。この法案が施行されれば、出生届や改名届において、漢字だけでなくひらがなやカタカナで読み仮名を記入することが必須になります。また、読み仮名についても一定の基準が設けられます。

戸籍法の改正案が必要になった理由

マイナンバーカードの海外利用や行政手続きのデジタル促進

現在、マイナンバーカードでは漢字だけで氏名が表示されていますが、これでは海外で識別や確認が困難です。また、行政手続きでは漢字だけでは読み方が不明確であったり、同音異義語であったりする場合があります。これらの問題を解決するためには、読み仮名が必要です。

キラキラネームに関する社会的な問題の解決

キラキラネームは、漢字本来の読み方や意味と異なる読み方や漢字を使っていますが、これによって様々なトラブルが発生しています。例えば、学校や職場での発音や書き方の困難、公的な書類や証明書の作成や利用の障害、名前に対する不快感や不満、名前による差別や偏見などです。これらの問題を解決するためには、名前の読み方に一定の制限をかける必要があります。

このように、戸籍法の改正案は、名前に関する様々な問題を解決するために提出されました。しかし、この法案はまだ成立していません。現在は、法制審議会が答申した戸籍法改正要綱案をもとに、法務省が具体的な法案を作成中です。2024年度から施行される予定です。

戸籍法の改正案の内容

戸籍法の改正案の主な内容は以下の通りです 。

  1. 氏名に読み仮名を記載する制度を導入する。読み仮名はひらがなまたはカタカナで記入することとし、漢字だけでは不十分な場合には必須とする。
  2. 読み仮名について、氏名として用いられる文字の読み方として一般に認められているものでなければならないという規定を設ける。具体的な基準は、法務大臣が定める省令で定める。
  3. 読み仮名が一般に認められているものでない場合には、戸籍官が出生届や改名届を受理しないことができる。その場合、不服申立てをすることができる。
  4. 既存の氏名については、読み仮名を追加することができる。その場合、改名届を提出する必要はなく、氏名変更届を提出すればよい。

キラキラネームの基準案や戸籍法の改正案の賛否両論

キラキラネームの基準案や戸籍法の改正案に対しては、賛成派と反対派が存在します。それぞれの主な意見や理由を見ていきましょう。

賛成派の意見

  • 名前の読み方に一定のルールや制限を設けることで、社会的なトラブルや不利益を防ぐことができる。
  • 名前の読み方に読み仮名を記載することで、行政手続きやマイナンバーカードの利用などがスムーズになる。
  • 名前の読み方に読み仮名を記載することで、海外での識別や確認が容易になる。
  • 名前の読み方に一般的な読み方や字義との関連性を求めることで、日本語や漢字文化の尊重や継承が促進される。

反対派の意見

  • 名前の読み方にルールや制限を設けることは、親子間や個人間の自由や権利を侵害する。
  • 名前の読み方に読み仮名を記載することは、既存の氏名についても手続きが必要になり、負担が増える。
  • 名前の読み方に読み仮名を記載することは、漢字だけで表現された氏名に特別な価値や美しさがあるという感覚を失わせる。
  • 名前の読み方に一般的な読み方や字義との関連性を求めることは、個性的な名前や読み方を否定したり差別したりすることにつながる。

キラキラネームの基準案や戸籍法の改正案が実施された場合の影響

キラキラネームの基準案や戸籍法の改正案が実施された場合に、名前に関する様々な影響が考えられます。以下に、いくつかの可能性を挙げます。

  • 名前の読み方に制限がかかることで、キラキラネームの流行や多様性が減少する。
  • 名前の読み方に読み仮名が記載されることで、キラキラネームの認知度や理解度が向上する。
  • 名前の読み方に読み仮名が記載されることで、キラキラネームを持つ人やつける人の自己肯定感や社会的受容度が高まる。
  • 名前の読み方に読み仮名が記載されることで、キラキラネームを持つ人やつける人の自己否定感や社会的孤立感が強まる。
  • 名前の読み方に一般的な読み方や字義との関連性を求めることで、日本語や漢字文化の正統性や尊厳が保たれる。
  • 名前の読み方に一般的な読み方や字義との関連性を求めることで、日本語や漢字文化の変化や創造性が阻害される。

私の見解と感想

私は、キラキラネームの基準案や戸籍法の改正案について、賛成派と反対派の両方の意見に一理あると思います。名前は個人のアイデンティティであり、自由に選ぶ権利があると思いますが、同時に社会的なコミュニケーションや文化的な伝承にも関わるものだと思います。そのため、名前の読み方に一定のルールや制限を設けることは、必要だと思いますが、過度に干渉することは避けるべきだと思います。また、名前の読み方に読み仮名を記載することは、行政的な利便性や国際的な対応力を高める効果があると思いますが、漢字だけで表現された氏名にも美しさや価値があると思います。そのため、読み仮名を記載することは、任意であっても良いと思います。私は、キラキラネームに対しては、個性的で魅力的なものもあれば、不適切で不快なものもあると思います。そのため、キラキラネームをどこまで認めるかは、個別に判断する必要があると思います。私は、自分自身はキラキラネームを持っていませんし、つけるつもりもありませんが、キラキラネームを持つ人やつける人を尊重したり理解したりする努力をしたいと思います。

コメント