googlefc.controlledMessagingFunction キャッシュレスの基礎知識を徹底解説 | ひらめきシニアライフ

キャッシュレスの基礎知識を徹底解説

スポンサーリンク
キャッシュレス基礎知識 トピック

この記事では、キャッシュレス決済の仕組みや種類、メリット・デメリットなどの基礎知識をわかりやすく解説しています。現金を使わずに支払いができる便利なキャッシュレスについて詳しく知りたい人は必見です。キャッシュレスの利用が広がる中で、正しい理解が何よりも重要になっています。決済方法の違い、セキュリティ対策、注意点など、キャッシュレスに関する疑問にお答えします。記事を読めば、キャッシュレスの全体像が把握できます。

キャッシュレスとは – 便利な非現金決済の総称

現金を使わずに支払いができる仕組み

キャッシュレスとは、現金を使わずに電子マネーやカード、スマホ決済などで支払う方法の総称です。多額の現金を持ち歩く必要がなく、紛失の心配もありません。事業者側も現金管理が不要で経費削減につながるメリットがあります。決済情報がデータ化されるため、購買履歴の分析や、マーケティングなどビッグデータとして活用できます。

支払い形式で3種類に分類

キャッシュレスの支払い形式は、「前払い」「即時払い」「後払い」の3種類があります。

前払いは電子マネーなどであらかじめチャージする方式です。Suicaや楽天Edyなどがその代表例で、チャージした金額の範囲内で支払えます。いつでも残高が確認でき、使いすぎを防げる利点がありますが、残高不足で支払えない場面も出てきます。

即時払いはデビットカードなどで、決済時に直ちに銀行口座から引き落とされます。審査は不要で手続きも簡単で、チャージの手間もないメリットがあります。

後払いはクレジットカードのように利用分を後日まとめて支払う形式です。支払いのタイミングが自由に調整できるため、資金の準備が容易になります。一方で手数料がかかったり、使いすぎてしまうリスクもあります。

キャッシュレスの種類と選び方

クレジットカード・デビットカード

クレジットカードは最もポピュラーなキャッシュレス決済です。JCB、VISA、MasterCard、American Expressなど国際ブランドが提供しており、一括払い、分割払い、ボーナス払いなど支払い方法が豊富です。ポイントが貯まりやすく、還元率も高めに設定されているのが特徴です。審査を通過する必要がある一方、後払い型のため自由度が高くなります。

デビットカードは即時払いタイプのキャッシュレスです。デビットカード決済すると、リアルタイムで口座から代金が引き落とされます。審査が不要なので気軽に作れますし、チャージのわずらわしさもありません。一方で、口座の残高を超えて利用できないデメリットもあります。

電子マネー

電子マネーはカードやスマホをかざすだけで支払いできる決済サービスです。主な支払い方式は前払い型と後払い型の2種類があります。

前払い型のプリペイド電子マネーは、Suica、nanaco、楽天Edyなどが該当します。事前に現金やクレジットカードでチャージ(入金)しておき、その範囲内でしか支払えません。チャージし過ぎの心配はありませんが、入金する手間がかかります。

一方の後払い型では、QUICPayなどクレジットカード連携型の電子マネーがあります。ポイントがダブルで付与されたり、チャージ不要で気軽に利用できるメリットがあります。ただし、使いすぎのリスクにも注意が必要です。

二次元バーコード決済(スマホ決済)

二次元バーコード決済はスマホのアプリを用いて支払う方式で、PayPayやLINE Payなどが代表例です。決済時にスマホ画面に表示されたバーコードを読み取ってもらうのが一般的です。

支払いは事前にチャージした残高からの引き落としと、クレジットカード払いの2通りがあります。クレジットカード払いならチャージの手間は省けますが、使いすぎには注意が必要です。

店舗でも二次元バーコードを設置し、アプリで読み取ることで支払える場合もあります。ユーザー登録後はスムーズに利用でき、ポイントバック率も高い傾向です。生活インフラの整備が進めば、今後ますます便利になると期待されています。

キャッシュレスのメリット

スムーズでスマートな買い物

キャッシュレスなら現金を持ち歩く必要がありません。お財布を持たなくてもスマートフォンかカードさえあれば買い物ができます。現金を紛失するリスクもなく、安心して外出できます。

支払いの際も、現金の受け渡しがないので簡単です。チャージや決済の操作さえすれば、あとは自動で処理されます。店頭での待ち時間が少なくて済むので、スムーズで手軽な買い物を楽しめます。

ポイントが還元される

キャッシュレス決済では、ポイントの還元サービスが多数提供されています。クレジットカード、電子マネー、スマホ決済などサービスによって還元率は異なります。一部のクレジットカードでは、国内外の買い物で5%以上のポイントバックがあるケースもあります。

さらにキャッシュレス決済アプリにクレジットカードを登録すれば、両方でポイントが付与され、ポイントがダブルで貯まるダブル還元サービスも人気です。ただし、還元内容やポイント有効期限には注意が必要です。

金銭管理が簡単に

キャッシュレスの大きなメリットは、決済履歴がデータで記録されることです。多くのクレジットカード会社やキャッシュレスアプリで管理が簡単。

キャッシュレスのまとめ

  1. キャッシュレスとは、現金に代わる電子的な支払い方法の総称です。主な種類としては、クレジットカード、デビットカード、電子マネー、二次元バーコード(スマホ)決済があげられます。
  2. 支払い形式は「前払い」「即時払い」「後払い」の3種類に大別され、利用シーンや生活スタイルに合わせて使い分けできます。前払い型は支払い額を抑えられますが、チャージの手間があります。即時払いは審査不要で手軽ですが、残高の管理が必要です。後払い型は支払いタイミングに自由度があり、ポイントも貯まりやすい反面、使いすぎの懸念があります。
  3. キャッシュレスのメリットは、買い物がスムーズで現金を持ち歩かなくてよいこと、ポイントが還元されること、金銭管理がしやすいことなどです。一方で、加盟店でしか使えない、災害時には使用できない、使いすぎのリスクがあるなどの注意点もあります。
  4. 日頃からキャッシュレスの種類や特徴を理解し、自分のライフスタイルに合ったキャッシュレス活用方法を見つけることが大切です。メリットを最大限に生かし、デメリットにも気をつけながら、上手にキャッシュレスを使いこなしていきましょう。

コメント