googlefc.controlledMessagingFunction 塩谷立氏は賢くて愛すべき?安倍派の新会長候補に注目 | ひらめきシニアライフ

塩谷立氏は賢くて愛すべき?安倍派の新会長候補に注目

スポンサーリンク
塩野谷立 トピック

塩谷立氏は、自民党の最大派閥である安倍派(清和政策研究会)の会長代理であり、2023年9月に死去した安倍晋三元首相の後任として新会長に有力視されている政治家です 。
塩谷立氏は、賢い、愛すべき、話題などの評価や印象を持たれていようです。
しかし、塩谷立氏には、旧統一教会の問題に関与した疑惑や、安倍派の新体制をめぐる混乱などの課題もあります。
本記事では、塩谷立氏の評判と安倍派会長就任の可能性について、検索結果から得られた情報をもとに分析していきます。

塩谷立氏の経歴・実績

  • 塩谷立氏は、1960年生まれで、東京大学法学部卒業後、通産省(現経済産業省)に入省しました。
  • 1996年に政界入りし、自民党に所属しました。以来、衆議院議員を8期務めています。
  • 2016年から2018年まで文部科学大臣を務めましたが、その在任中に旧統一教会の問題に関与した疑惑が浮上しています。
  • 旧統一教会問題とは、塩谷立氏が文科相時代に、旧統一教会系の団体「国際勝共連合」が運営する「国際青少年文化センター」(IYF)に対して、文化庁が補助金を交付したことが問題視されたものです。
  • 塩谷立氏は、IYFとの関係を否定していますが、野党やメディアからは批判を受けています。

塩谷立氏の評判と印象

  • 塩谷立氏は、賢い、愛すべき、話題などの評価や印象を持たれているようです。
  • 賢いという評価は、塩谷立氏が東大卒で通産省出身というエリート的な経歴を持っていることや、政策論や議論に優れていることに由来すると考えられます。
  • 愛すべきという印象は、塩谷立氏が人柄が良くて親しみやすいことや、笑顔が素敵だということに関係すると思われます。
  • 話題という印象は、塩谷立氏が安倍派会長就任の可能性が高いことや、旧統一教会問題などの注目されるニュースに関わっていることによると推測できます。

塩谷立氏の掲げている政策

  • コロナウイルス対策の徹底と社会経済活動を取り戻す
  • 病床・医療人材の確保の徹底による”医療難民ゼロ”
    • 国産ワクチン・治療薬の開発、普及促進
    • 感染症「有事」対応の抜本的強化と司令塔機能強化
    • 出入国等水際対策の徹底
    • 事業継続と雇用を守るための支援
  • 病床・医療人材の確保の徹底による”医療難民ゼロ”
  • 国産ワクチン・治療薬の開発、普及促進
  • 感染症「有事」対応の抜本的強化と司令塔機能強化
  • 出入国等水際対策の徹底
  • 事業継続と雇用を守るための支援
  • 新しい経済成長へ大転換
    • 「成長」と「分配」の好循環による新たなる日本型資本主義の構築
    • デジタル改革促進とグリーン社会の実現
    • 科学技術立国の実現、AI、量子、バイオ等研究開発への大胆な投資
    • 農林水産物輸出目標2030年5兆円に向けて
    • 財政の単年度主義の弊害是正と10兆円規模の大学ファンド年度内設立
  • 「成長」と「分配」の好循環による新たなる日本型資本主義の構築
  • デジタル改革促進とグリーン社会の実現
  • 科学技術立国の実現、AI、量子、バイオ等研究開発への大胆な投資
  • 農林水産物輸出目標2030年5兆円に向けて
  • 財政の単年度主義の弊害是正と10兆円規模の大学ファンド年度内設立
  • 真の安全・安心の確保
    • 防災・減災・国土強靭化によるインフラ整備と安全なまちづくり
    • 日本の領土・領海・領空および国民の生命と財産を守り抜く安全保障
    • 全世代型社会保障の再構築による人生100年時代の不安解消
    • 「経済安全保障」と戦略的サプライチェーンの構築
    • 緊急事態に備えた憲法改正
  • 防災・減災・国土強靭化によるインフラ整備と安全なまちづくり
  • 日本の領土・領海・領空および国民の生命と財産を守り抜く安全保障
  • 全世代型社会保障の再構築による人生100年時代の不安解消
  • 「経済安全保障」と戦略的サプライチェーンの構築
  • 緊急事態に備えた憲法改正
  • 次世代へつなぐ新しい教育・少子化対策
    • 新たな時代にふさわしい「未来の教室づくり」 ~対面とオンラインのハイブリット教育の充実・高度化~
    • 県・政令市への「GIGAスクール運営支援センター」設置によるワンストップ支援
    • 子どもたちの学びを支える個別最適化の教育
    • 恒久的な教育財産確保と地域と連携した子どもたちや保護者の信頼ある学校指導体制づくり
    • 地域教育の充実と産業界と学校の連携による次世代の地域を支える人材育成
    • 妊娠・出産・子育ての切れ目のない支援と育児と仕事の両立のための環境整備
  • 新たな時代にふさわしい「未来の教室づくり」 ~対面とオンラインのハイブリット教育の充実・高度化~
  • 県・政令市への「GIGAスクール運営支援センター」設置によるワンストップ支援
  • 子どもたちの学びを支える個別最適化の教育
  • 恒久的な教育財産確保と地域と連携した子どもたちや保護者の信頼ある学校指導体制づくり
  • 地域教育の充実と産業界と学校の連携による次世代の地域を支える人材育成
  • 妊娠・出産・子育ての切れ目のない支援と育児と仕事の両立のための環境整備
  • 今こそ、やらまいか浜松!
    • ものづくり産業の進化と新たな成長産業への転換
    • 浜松の農業を日本一に! ~農業による地方創生~
    • 浜松の観光資源の磨き上げと新たな観光コンテンツの造成支援
    • 文化・芸術、スポーツ振興による余暇環境整備と地域活性化
    • デジタルスマートシティー浜松の推進
    • 子どもたちのUIJターン(地方回帰)促進
    • 交通事故ワースト1脱出! 生活道路の安心・安全確保
  • ものづくり産業の進化と新たな成長産業への転換
  • 浜松の農業を日本一に! ~農業による地方創生~
  • 浜松の観光資源の磨き上げと新たな観光コンテンツの造成支援
  • 文化・芸術、スポーツ振興による余暇環境整備と地域活性化
  • デジタルスマートシティー浜松の推進
  • 子どもたちのUIJターン(地方回帰)促進
  • 交通事故ワースト1脱出! 生活道路の安心・安全確保

塩谷立氏の旧統一教会に対する疑義

塩谷立氏は、2016年から2018年まで文部科学大臣を務めましたが、その在任中に旧統一教会の問題に関与した疑惑が浮上しています。
旧統一教会とは、韓国出身の故文鮮明氏が創始した新宗教団体で、日本では「世界基督教統一神霊協会」という名前で活動しています。
旧統一教会は、信者から多額の献金を集めたり、家族や社会との断絶を強要したりするなど、カルト的な行為が指摘されています。
塩谷立氏は、旧統一教会と関係が深い「国際勝共連合」や「世界平和女性連合」などの団体から寄付を受けたり、彼らの主催するイベントに参加したりしていたことが報道されています。
塩谷立氏は、これらの疑惑を否定していますが、旧統一教会との関係が明らかになったことで、塩谷立氏の評判は損なわれたと言えるでしょう。

ライバル・下村博文氏との関係

下村氏は、塩谷氏とともに安倍派の会長代理を務めていましたが、安倍派の新体制をめぐっては対立していました 。
下村氏は、安倍派の新会長を選出するべきだと主張していましたが、塩谷氏は集団指導体制とした上で自らが「座長」に就く案を提案していました 。
塩谷氏の案は、萩生田政調会長や松野官房長官ら同派の有力議員らで構成する「常任幹事会」を新設する内容で、派内で中心的な立場にある「5人衆」はおおむね了承していました 。
2023年8月17日に開かれた安倍派の総会では、塩谷氏の案が承認され、塩谷氏が「座長」に就任することが決まりました 。
しかし、この「座長」就任は当面の間の暫定的なものであり、正式な新会長はまだ決まっていません 。
下村氏は、「納得はしていない」と語っており、常任幹事会にも入れない事態となれば、同氏が派を割って出る可能性も指摘されています。

安倍派会長就任の可能性

  • 安倍派は、自民党内で最も勢力が強い派閥であり、安倍晋三元首相が2022年9月に死去するまで長期間にわたって指導者として君臨していました 。
  • 安倍晋三元首相の死去後、安倍派の新体制をめぐっては、塩谷立氏と下村博文元政調会長がともに会長代理を務める「双頭体制」が敷かれてきました 。
  • しかし、この「双頭体制」は暫定的なものであり、安倍派の新会長を選出することが求められていました 。
  • 塩谷立氏は、自身が会長ではなく「座長」に就任したうえで、松野博一官房長官や萩生田光一政調会長ら同派の有力議員らで構成する「常任幹事会」を新設するべきだと主張していました 。
  • これに対し、下村博文氏は「会長選出を目指すべきだ」と否定的でした 。
  • 2023年8月17日に開かれた安倍派の総会では、塩谷立氏の主張が承認され、塩谷立氏が「座長」に就任することが決まりました。
  • しかし、この「座長」就任は当面の間の暫定的なものであり、正式な新会長はまだ決まっていません。
  • 塩谷立氏は、「会長については時間をかけて選んでいきたい」と述べており、次の選挙や総裁選などの節目の時期を見極める様子です。
  • 塩谷立氏は、安倍派の新体制をめぐる混乱を回避することに成功しましたが、安倍派の新会長に就任する可能性はまだ高くないと言えるでしょう。

まとめ

塩谷立氏は、自民党の最大派閥である安倍派の会長代理であり、賢くて愛すべき政治家として評価されていますが、旧統一教会の問題に関与した疑惑や安倍派の新体制をめぐる混乱などの課題もあります。
塩谷立氏は、2023年8月17日に開かれた安倍派の総会で「座長」に就任しましたが、これは当面の間の暫定的なものであり、正式な新会長はまだ決まっていません。
塩谷立氏が安倍派の新会長に就任する可能性は、今後の政治情勢や他の候補者との競争によって変わってくると考えられます

しかし、現時点では、塩谷立氏が最有力候補であるという見方が強いようです。