googlefc.controlledMessagingFunction 音楽愛好者必見!ハイレゾ対応サブスクと最新スマホで高音質ライフを満喫 | ひらめきシニアライフ

音楽愛好者必見!ハイレゾ対応サブスクと最新スマホで高音質ライフを満喫

スポンサーリンク
ハイレゾ対応サブスク 家電

音楽を愛する皆さん、ハイレゾ音質の魅力をもう一度味わいたいと思ったことはありませんか?ハイレゾ対応サブスクリプションサービスが登場し、スマートフォンとワイヤレスイヤホンの進化により、高品質な音楽を手軽に楽しむことができる時代が訪れました。

この記事では、「ハイレゾ音質を楽しむならコレ!」と題し、ハイレゾ対応サブスク、スマートフォン、ワイヤレスイヤホンの素晴らしい組み合わせに焦点を当てます。ハイレゾ音楽は、圧倒的な音質で楽曲を再生し、アーティストの感情をよりリアルに体験できます。しかし、どのようにしてこの高音質を手に入れ、最大限に活用するのでしょうか?

この記事では、初心者から上級者まで、幅広いニーズに対応する情報を提供します。最新のワイヤレスイヤホンの選び方から、スマートフォンでハイレゾ音楽を再生するためのステップ、そして音質を向上させるためのヒントまで、すべてを網羅します。ハイレゾ音質を愛する皆さんにとって、この記事は高音質な音楽体験を手に入れるための必読ガイドとなるでしょう。さあ、一緒にハイレゾの世界へダイブしましょう。

ハイレゾ音質って何?

ハイレゾ音質(High-Resolution Audio)は、音楽愛好者にとって魅力的な音楽体験を提供する新しい音質規格です。ハイレゾ音質は、従来の音楽フォーマットよりも高いサンプリングレートとビット深度を持つ音楽ファイルを使用しており、その結果、音楽の微細なニュアンスや詳細な音の情報を忠実に再現します。

なぜハイレゾ音質が重要なのか?

ハイレゾ音質は、音楽がアーティストが意図した通りに再生されることを保証します。従来の圧縮音楽フォーマットでは、音楽から失われる情報が多く、特に高音域や低音域での詳細な情報が制限されています。しかし、ハイレゾ音質はこれらの制約を克服し音楽の奥深さとクオリティを引き立てます

ハイレゾ音質の特徴

高サンプリングレート: ハイレゾ音楽は、通常、96kHz以上の高いサンプリングレートを持ちます。これにより、高周波数領域の情報が豊かに再現されます。

ビット深度の増加: ハイレゾ音楽は通常、24ビットのビット深度を持ちます。これにより、音楽の動的レンジや微妙な音の変化が保持されます。

詳細な楽器の分離: ハイレゾ音楽は、楽器や声の分離が優れており、各要素がよりクリアに聴こえます。

臨場感: ハイレゾ音楽は、リアルな臨場感を提供し、演奏会やスタジオ録音のような環境にあるかのような音楽体験を提供します。

ハイレゾ音質は、高品質な音楽再生が求められる環境で特に魅力的です。ヘッドフォンやワイヤレスイヤホン、ハイエンドのオーディオ機器を使うことで、その効果を最大限に引き立てることができます。音楽愛好者にとって、ハイレゾ音質は新たな音楽の世界を探求し、音楽をより深く楽しむ手段として、ますます重要になっています。

参考記事>>>ハイレゾとはなに? スマホで手っ取り早くハイレゾを聴くためには?

ワイアレスイヤホンの役割

ハイレゾ音質を楽しむためには、適切なワイアレスイヤホンの選択が欠かせません。ワイヤレスイヤホンがハイレゾ体験にどのように貢献するかを見てみましょう。

ワイヤレスイヤホンは、音楽を自由自在に楽しむための鍵です。ケーブルのない便利なデバイスは、ハイレゾ音質の真価を発揮させ、優れたポータビリティを提供します。しかし、適切なワイヤレスイヤホンの選択が重要です。音質、バッテリー寿命、快適な装着感などを検討して選びましょう。

関連記事>>>スマホでハイレゾ音源 聴くならワイヤレスイヤホン

関連記事>>>ハイレゾ再生 コスパ最強完全ワイアレスイヤホン3選

スマホ対応サブスクリプションサービスとは?

ハイレゾ音質の楽曲を楽しむために、スマホ対応サブスクリプションサービスの利用がおすすめです。その詳細について掘り下げてみましょう。

スマホ対応サブスクリプションサービスは、高品質な音楽コンテンツを提供し、ハイレゾ音質を手軽に楽しむ手段です。これらのサービスは、広範な音楽ライブラリと使いやすいアプリを提供し、スマートフォンを活用して高音質音楽を楽しむことを可能にします。

ハイレゾを提供しているサブスク

現在ストリーミングサービスでハイレゾ音源を提供しているのは「Amazon Music Unlimited」と「AppleMusic」の2つだけ

ハイレゾ音質を楽しむための3つのポイント

ハイレゾ音質の素晴らしい音楽体験を得るために、以下の3つのポイントを詳細に説明します。これらのポイントを押さえることで、高品質な音楽を存分に楽しむことができます。

音質設定を調整する

ハイレゾ音楽を楽しむ際には、スマートフォンやワイヤレスイヤホンの音質設定を適切に調整することが重要です。以下はいくつかの重要な設定です:

サンプリングレートとビット深度: ハイレゾ音楽の再生に適したサンプリングレートとビット深度を設定しましょう。通常、96kHzや24ビットが推奨されます。

音楽アプリの設定: 使用している音楽アプリケーションの設定で、音質向上に関するオプションを探しましょう。イコライザやサウンドエンハンスメント機能を活用することができます。

ボリューム調整: 音楽を聴く際に、適切な音量設定を保ちましょう。音楽が大きすぎたり小さすぎたりすると、ハイレゾ音楽の魅力が半減します。

ノイズキャンセリングを活用する

ハイレゾ音質を楽しむために、ノイズキャンセリング機能を備えたワイヤレスイヤホンを選びましょう。ノイズキャンセリングは外部の騒音を効果的にカットし、音楽の細をクリアに聴くことを可能にします。特に、移動中や騒がしい環境で音楽を楽しむ際に役立ちます。

高品質な音源を選ぶ

最後に、ハイレゾ音質の楽曲を選択しましょう。ハイレゾ音質を提供するサブスクリプションサービスは増加していますが、音楽を選ぶ際にはハイレゾ音源を選択しましょう。高品質な音源は、ハイレゾ対応機器で本来の音楽体験を提供します。

スマホ・ワイアレスイヤホンのハイレゾとは?

家の中でじっくり音楽を聴くための場所、楽しめる環境を持ち、時間の制約もない人はそんなに多くないはずだ。車の中やウォーキング・散歩途中に音楽を聴く人が大半であろう。いろんな制約の中で、あまり時間もないが、せめて良質の音楽を聴きたい。そんな欲望を持っている人も結構いる。聴いていて、気持ちの良い音楽、できればハイレゾで好きの曲を聴きたい

ワイヤレスイヤホンでもハイレゾで音楽を楽しむことができる

ただし、イヤホンと音楽を再生するスマホなどのデバイスの両方がBluetoothコーデックがハイレゾに対応していることが条件

屋外でハイレゾを聴くための要件

イヤホンとスマホの両方がBluetoothコーデッイクのハイレゾ相当コーディックを満たす(LDAC,aptX HD,aptX adaptive)の3種のいずれか。ただしaptX HDは24bit/48kHzですこし物足りないので実質2種のみ

屋外でハイレゾを楽しむ場合の留意事項

屋外(WiFi環境以外)でハイレゾを聴く場合データ量が1曲で1G以上の曲が沢山あります。必ず事前にサブスクからダウンロードしておき、ダウンロードした曲を聴きましょう。通信料で泣かないために・・・

PCオーディオ歴10年の筆者が育ったデジタル時代初期の背景

◆プロローグ

約10年ほど前、ちょうどPCオーディオが始まりを迎えた時期。【これからはデジタルの時代】CDが全盛となり、猫も杓子も【アナログからデジタルの時代】と騒ぎ出した。従来のアナログ時代では音楽マニアが所有する100万円超のアンプやスピーカーでしか出すことのできなかった『よい音』。それがデジタル時代には『わずか10万円程度のミニコンポ』でも、素晴らしい音で再生できる。PCに「DACアンプ」と「ブックシェルフスピーカー」さえ繋げばいっぱしの「オーディオセット」になると音楽マニアの中ではブームになった。アナログの「レコード」からデジタルの「CD」へ時代は変遷

◆デジタル時代の到来

  • DACアンプの品種・メーカー増大、性能の飛躍的に向上
  • デジタルアンプの普及・高性能化→アップスケーリング・ハイレゾ化
  • スマホの高性能化→ハイエンド機は昔のPC性能を上回る機能
  • 情報伝達技術の進展(4G→5G)
  • ハイレゾ対応ワイアレスイヤホンの発売(LDACは2023年~)
  • ハイレゾ対応サブスク(ストリーミング)の普及

実際に毎日使用している機種と使い勝手・性能

毎日朝散歩と称して2時間程度スマホで音楽を聴きながら、散歩している。スマホはソニーの【Xperia 1-Ⅴ】、ワイアレスイヤホンは【アンカーSoundcore Liberty 4】そして使用するハイレゾ対応サブスクは【Amazon Music Unlimited】これが私の『ハイレゾ新三種の神器

スマホはソニーの【Xperia 1-Ⅴ】

Xperia 1 Vの主な4つの特徴

  • 高性能Snapdragon8 Gen 2搭載でヌルサク
  • カメラは夜の人物や風景の色、質感まで豊かに描写する新開発イメージセンサー
  • 最新のAndroid 13搭載
  • 業界最高クラスのゲーミングパフォーマンス
発売日2023年6月16日
画面サイズ6.5インチ
本体サイズ幅:71mm
高さ:165mm
厚さ:8.3mm
重さ187g
アウトカメラ広角:4,800万画素
超広角:1,200万画素
望遠:1,200万画素
インカメラ1,200万画素
バッテリー5,000mAh
RAM12GB
ROM256BG(ドコモ、au、SoftBank)
512GB(SIMフリー)
CPUSnapdragon 8 Gen 2

ハイレゾワイヤレスでいい音

ワイヤレスでもハイレゾの音質を楽しめるLDACに対応しているので、ハイレゾの楽曲を高品質なままワイヤレスで楽しめます。また、DSEE Ultimateと組み合わせれば、ストリーミングなどの圧縮音源でもソニー独自のAI技術で高精度にアップスケーリングし、ワイヤレスでもハイレゾに迫る音質で楽しめます。

  • ※ハイレゾワイヤレスは、転送速度990kbpsで伝送する場合にお楽しみ頂けます。LDAC対応のスピーカー(別売)やヘッドホン(別売)が必要です。
  • ※ハイレゾコンテンツやハイレゾ相当の音質を楽しむには、ハイレゾ対応ヘッドホン(別売)が必要です。

Xperia 1 Vを使っている感想

  1. Xperia 1 -Ⅲからの代替えなので、サイズは慣れている
  2. カメラの縦画面固定が便利、縦で構えたまま、撮影できる
  3. カメラ望遠が連続して倍率を変えれるので便利
  4. カメラ拡大倍率が高いので、花などの細部まで鮮明に撮撮影可能
  5. 音響面ではDSEE Ultimateの性能が向上、アップスケーリングが機能
  6. LDACも期待通りで再生機能も最高。高性能Snapdragon8 Gen 2搭載が寄与
  7. 音響面ではハイレゾもハイレゾ以外のアップスケーリングした疑似ハイレゾも最高
  8. RAMもROMも余裕があるので、スピードが遅くてイライラすることは皆無
  9. ゲームはやらないので、カメラと音響の利用面では満足している

ワイアレスイヤホン:アンカー Soundcore Liberty 4

  • コストは1万5千円とやや高いが、性能音質面で最高レベルに近い『Anker Soundcore Liberty 4』を一番におすすめ
  • 過去に購入した1万円以下の製品は全て故障、品質不良等に悩まされた。やはり1万円以下は危険?
  • 試聴の音が最高に好み、LDAC対応と3Dオーディオにも興味あり
  • 最初から『Anker Soundcore Liberty 4』が欲しくて後悔しないために、検証した。結果間違いなかった

Anker Soundcore Liberty 4を使っている感想

  1. ケースから取り出すと、スマホへ勝手に接続してくれる
  2. ノイキャン性能も素晴らしい、外音取り込機能も外出時には便利
  3. 通常の散歩時はノイキャンと外音取り込の中間位置の標準で使用
  4. エクササイズの機能(心拍数)は使用していない
  5. 電池の持ちも十分、連続4時間程度は問題ない
  6. 音の音色が心地良い、特にハイレゾ再生時にはうっとりしてしまう

ハイレゾ対応サブスク:Amazon Music Unlimited

  • 音楽聞き放題サービスで、楽曲をオフラインでも聞けるように携帯などにダウンロードできるサービスはたくさんあるが、大体が1日何曲まで、週何曲までといった制限がついている
  • 音楽聞き放題サービスの「Amazon Music Unlimited」は、何曲でも無制限に楽曲を携帯にダウンロードできる
  • HIGH DEFINITION (HD)はCD品質のオーディオ(「ロスレス」)
  • HDは標準解像度のストリーミングサービスの2倍のビットレート
  • ULTRA HIGH DEFINITION (ULTRA HD)はCD音質以上最大24ビット192 kHz
  • ULTRA HDは標準解像度のストリーミングサービスの10倍以上のビットレート
  • HDやUHDなどハイレゾ音源が多数(700万曲以上)

【ダウンロード時の音質劣化について】(重要)

ハイレゾ対応の配信サイトでも音質は劣る場合があります。これは、ハイレゾ音源は、CD音源よりもデータ量が多いため、ストリーミングを行う際にはより多くのデータが送信される必要があります。そのため、インターネット回線の速度が遅い場合や、ストリーミングサイトのサーバーが混雑している場合などは、音質が劣化する可能性があります。

また、ハイレゾ音源を聴くための機器も音質に影響を与えます。ハイレゾ音源を聴くためには、ハイレゾ対応のスピーカーやイヤホンが必要です。そうでない場合、ハイレゾ音源の音質を十分に楽しむことができません。

ハイレゾ音源を聴きたい場合は、インターネット回線の速度が速い環境で、ハイレゾ対応のスピーカーやイヤホンを使用することがおすすめです。

Wi-Fi環境でダウンロードし、再生する場合は、音質が劣化することはありません。これは、Wi-Fiは、インターネット回線よりも高速で安定した通信が可能です。そのため、ハイレゾ音源をダウンロードする際にも、音質が劣化することはありません

また、Wi-Fi環境で再生する場合は、インターネット回線の速度を気にする必要もありません。そのため、ハイレゾ音源を快適に再生することができます。

ハイレゾ音源を聴きたい場合は、Wi-Fi環境でダウンロードし、再生することをおすすめします。

ハイレゾ対応サブスク:Amazon Music Unlimitedを使っている感想

  1. プレーリストが多数作成でき、ダウンロードもできる
  2. ライブラリも自分に合わせて作成してくれる
  3. ハイレゾ対応の曲数が断然多い
  4. スマホとPCの両方で使用できる
  5. ホーム画面もキレイで使い勝手も良い

ハイレゾ対応サブスク&スマホ&ワイアレスイヤホンの最適組み合わせ

これ以外は考えられません!但し、ワイアレスイヤホンはコーディック LDACならOK

ハイレゾ対応サブスク:Amazon Music Unlimited

スマートフォン:ソニーのハイエンドモデル Xperia 1-Ⅴ

ワイアレスイヤホン:アンカー Soundcore Liberty 4

まとめ

ハイレゾ音質を楽しむための鍵を手に入れました。ハイレゾ音質は、音楽の微細なニュアンスを楽しむことができる魅力的なサウンド体験を提供します。それを実現するために、ワイヤレスイヤホンとスマホそしてハイレゾ対応サブスクリプションサービスの組み合わせが必要です

ワイヤレスイヤホンの選び方や、スマホそしてハイレゾ対応サブスクリプションサービスの活用方法について学びました。さらに、音質設定の調整やノイズキャンセリングの活用、高品質な音源の選択など、ハイレゾ音質を最大限に楽しむためのポイントを押さえました。

これらの要素を組み合わせることで、音楽愛好者は臨場感あふれる音楽を手軽に楽しむことができるでしょう。ハイレゾ音質は、音楽がもたらす感動を深化させ、新しい音楽の世界を開拓します。今こそ、高音質音楽の魅力に耳を傾け、音楽の新たな次元を探索しましょう。心躍るサウンドがあなたを待っています

コメント