googlefc.controlledMessagingFunction ウォーキングシューズのおすすめ5選:疲れにくく、おしゃれな靴をご紹介 | ひらめきシニアライフ

ウォーキングシューズのおすすめ5選:疲れにくく、おしゃれな靴をご紹介

スポンサーリンク
ウォーキングシューズ5選 シニアライフ

健康のためにウォーキングを始める方が増えています。ウォーキングシューズは、足を守り、快適に歩くために欠かせません。今回は、疲れにくく、おしゃれなウォーキングシューズのおすすめ5選をご紹介します。

ウォーキングシューズのサイズ選びのポイント

ウォーキングシューズは、自分の足のサイズに合ったものを選ぶことが大切です。サイズが合っていないと、足が痛くなったり、歩きづらくなったりします。ウォーキングシューズのサイズを選ぶ際には、以下のポイントを押さえましょう。

足のサイズを正しく測る

ウォーキングシューズを選ぶ前に、必ず足のサイズを正しく測りましょう。足のサイズは、日によって変わることがあります。そのため、購入する当日に測るのがおすすめです。

足のサイズを測るには、足の長さと足囲を測ります。足の長さは、かかとから爪先までの長さを測ります。足囲は、親指の付け根から小指の付け根までの長さを測ります。

つま先に10mm程度の余裕をもたせる

ウォーキングシューズは、つま先に10mm程度の余裕をもたせるのがおすすめです。歩行中、足は前後に動くため、その分の余裕が必要です。

また、厚手の靴下を履く場合は、その厚みも考慮してサイズを選びましょう。

試し履きをして歩き心地を確かめる

ウォーキングシューズは、必ず試し履きをして歩き心地を確かめましょう。店内を歩いて、足に負担がかかっていないか、歩きやすいかを確認してください。

おすすめのウォーキングシューズ5選

ミズノ ME-05 GTX

高反発ソール素材の「MIZUNO ENERZY」に、はじめて防水透湿性素材「ゴアテックスファブリクス」を使用したウォーキングシューズです。耐久防水性と透湿性のある素材を取り入れることによって、季節問わず履くことができ、また突然の雨でも安心な万能さが魅力です。

価格:¥12,429
靴幅: 3E
防水
ヒールの高さ: 4 cm
ヒールのタイプ: フラット
留め具の種類: レースアップ
ソールの厚さ:3cm

ニューバランス WW1880

デザインと機能を極めた、ニューバランスのトップモデルです。ウォーキングに最も適したヘキサゴン構造のFRESH FOAMミッドソール、またホールド性を高めるASYMカウンターが、スムーズで安定したウォーキングをサポートしてくれます。

価格:¥16,500
靴幅: B
表地: 天然皮革/合成繊維
ソール素材または裏地: ゴム
ヒールの高さ: 4 cm
ヒールのタイプ: ウェッジヒール
留め具の種類: レースアップ
ソールの厚さ:2cm

オン Cloud 5

ソフトな着地と力強い蹴り出しを可能にした、オン独自の技術「CloudTec」を採用したウォーキングシューズです。さらに、通気性に優れたメッシュをアッパーに使用しており、快適な履き心地を実現しています。

¥15,180

  • 靴幅: D
  • 表地: 合成繊維
  • 非防水
  • ヒールの高さ: 4 cm
  • ヒールのタイプ: ヒールなし
  • 留め具の種類: ファスナー
  • ソールの厚さ:2.5cm

アシックス GEL-KAYANO 29

アシックスの人気シリーズ「GEL-KAYANO」の最新モデルです。衝撃緩衝性に優れたGEL、安定性に優れたTRUSSTIC SYSTEMを搭載し、長時間のウォーキングでも足をしっかりサポートします。

価格:¥17,600
靴幅: 2E
表地: 合成繊維・人工皮革(合成皮革)
ソール素材または裏地: ゴム
非防水
ヒールの高さ: 5 cm
ヒールのタイプ: ヒールなし
留め具の種類: レースアップ

ナイキ エア ズーム ペガサス 39

ナイキの人気シリーズ「エア ズーム ペガサス」の最新モデルです。反発性に優れたエア ズームを搭載し、蹴り出しをスムーズにします。また、軽量で通気性に優れたアッパーを採用しており、快適な履き心地を実現しています。

¥9,899

  • ヒールのタイプ: フラット
  • 留め具の種類: レースアップ
  • ナイキ エア ズーム ペガサス 39
  • NIKE W Air Zoom Pegasus 39
  • 【品番】DM0173-001
  • 【カラー】 ブラック/ダークスモークグレー/ホワイト

ウォーキングシューズを安く購入する方法

ウォーキングシューズは、定価で購入すると高額になることがあります。そこで、以下のような方法で安く購入する方法があります。

  • セールやアウトレットを利用する
  • スポーツ用品店や百貨店では、セールやアウトレットを開催していることがあります。これらの時期に購入することで、定価よりも安く購入することができます。
  • 通販サイトを利用する
  • 通販サイトでは、実店舗よりも安く購入できることがあります。また、ポイント還元などのキャンペーンを利用することで、さらにお得に購入することができます。
  • 中古品を利用す
  • 中古品販売店やフリマアプリでは、中古のウォーキングシューズを購入することができます。新品よりも安く購入することができますが、状態をよく確認してから購入するようにしましょう。

ウォーキングシューズのメンテナンス方法

  • 汚れを落とす

ウォーキングシューズは、汚れが付着すると、劣化が早まります。そのため、定期的に汚れを落とすことが大切です。

汚れを落とす際には、ブラシや中性洗剤を使って、丁寧に洗いましょう。

  • 乾燥させる

ウォーキングシューズは、濡れたまま放置すると、カビや雑菌が繁殖しやすくなります。そのため、濡れた場合は、すぐに乾燥させましょう。

乾燥させる際には、風通しの良い場所で陰干しするのがおすすめです。

  • 定期的に防水スプレーをする

ウォーキングシューズは、防水スプレーをかけることで、雨や雪から守ることができます。

防水スプレーは、1〜2ヶ月に1回程度の頻度でかけましょう。

まとめ

ウォーキングシューズは、足の疲労を軽減し、快適に歩くために欠かせません。今回の記事を参考に、自分に合ったウォーキングシューズを見つけて、ウォーキングをより楽しくしましょう。

関連記事>>>健康維持のためのウォーキング:1日何歩が理想なのか

コメント