googlefc.controlledMessagingFunction コスパ重視の家コーヒー 1杯30円で美味しさ抜群 ネット通販狙い目 | ひらめきシニアライフ

コスパ重視の家コーヒー 1杯30円で美味しさ抜群 ネット通販狙い目

スポンサーリンク
シニアライフ

全自動コーヒーメーカーをすでに、お持ちの方は器具の償却コストを1杯あたり約5円と仮定するとコーヒー豆のコストは1杯あたり25円以内であれば1杯あたり30円という命題が解決できる。

美味しさを追求するなら、焙煎してから早いほど香りが良く美味しい、これはスーパーでなくネット通販大手が翌日配送してくれるので優位

価格的にもネット通販大手はタイムセールとか半額セールがあり、1㎏(1杯あたり10gで約100杯分)2千円~3千円の間で十分美味しいコーヒー豆が購入できる

コーヒー豆は購入単位を多くして2㎏で購入すると安く購入できる

コーヒー豆はネット通販がおすすめ

ネット通販で買うコーヒー豆は、焙煎の時期を注文してから初めて行うということもあるので、新鮮さという点でも大きな差がある

ネット通販で買う場合には、スペシャルティコーヒーと呼ばれるコーヒー豆が安価で手に入れられ、品質が高いことが特徴。特にamazonや楽天で購入した場合にはポイント還元があることで、実質の値段が購入価格よりも安く手に入れることができ、スーパーで買うよりもお得

コスパ最強なコーヒー豆を手に入れるのに、ネット通販という選択肢が有効な理由は、焙煎の時期が購入時期と近いという新鮮さと、スペシャルティコーヒー豆を安い値段で求めることができること

関連記事>>>全自動コーヒーメーカーおすすめ シニアが独りでも美味しく、お値打ちに

コーヒー豆で淹れると1杯あたりいくら?

コーヒー豆から淹れるコーヒーは1杯あたり15~120円が平均的価格帯(別途全自動コーヒーメーカーの償却分1杯あたり5円が掛かる)

アマゾンのコーヒー豆ランキングから見ても判断できる

コーヒーの美味しさは価格とは比例しない

アマゾンのコーヒー豆ランキングから見た1杯あたり価格

アマゾンのコーヒー豆ランキングは人気(売上)順で各メーカーの人気商品が上位にランク

人気があり、売れている商品は多種多様で価格も格差は大きい。美味しいコーヒーと価格とは比例しないことが解る

澤井珈琲はブレンド2種類で2㎏\2,999(1杯あたり\15.0)、AGFはモカブレンド1㎏\2,473(1杯あたり\25.0)、銀河コーヒーアンティークブルボン150g¥1,680(1杯あたり\112.0)、天馬コーヒーペルー250g¥2,280(1杯あたり\91.2)、東京コーヒーオーガニック200g¥1,560(1杯あたり\78.0)、加藤珈琲ゴールデンブレンド2㎏\2,894(1杯あたり\14.5)、無印良品オーガニック200g¥550(1杯あたり\27.5

コーヒー豆の種類

コーヒー豆の主な種類、産地の違いによる特徴について

ブルーマウンテン 主な産地は

ブルーマウンテンの特徴は酸味や苦みなどのバランスに優れているため、コーヒー初心者の方にも飲みやすい味わいが特徴

中米のジャマイカのごく一部地域で採れるブルーマウンテンは、香気、苦味、甘味、酸味のバランスがとても素晴らしく、特に香気の良さが特徴

キリマンジャロ 主な産地は

キリマンジャロはアフリカ・タンザニアにある地域で栽培されているコーヒー豆。標高が高い場所で栽培されているため強い酸味とコク、甘い香りが特徴

アフリカのキリマンジャロは、ほのかな酸味のある甘味と苦味がバランスの取れた味わいで、酸味の強さが特徴で、すっきりとした味わいに人気

モカ 主な産地は

モカは酸味の強さと爽やかでフルーティーな香り高さが特徴のコーヒー豆。モカも日本のコーヒー店やカフェでお馴染みとなっており、幅広い世代に人気

モカの名前は、イエメンのモカ港から輸出されたコーヒー豆をモカと呼んだことが始まり。イエメン産だけでなく、対岸のエチオピア産のコーヒー豆も一緒に輸出されていたため、エチオピア産のコーヒー豆もモカと呼ばれる

ブラジル 

コーヒー大国ともいわれているブラジル産のコーヒー豆である「ブラジル」。酸味・苦味などのバランスがとれておりマイルドな味わいが特徴

コーヒー初心者の方にも飲みやすいスタンダードさが人気で、ミルクとも相性抜群!ブラジル本国では砂糖たっぷりの甘いコーヒーが一般的

ケニア 

ケニアのコーヒー豆はベリーのようなフルーティーさが感じられる、明るい酸味と柔らかい苦味とコクがが特徴。スッキリとした味わいのケニア豆は、あっさりとした軽めのコーヒーが好みの方に人気

濃いめに抽出してから氷で冷やすアイスコーヒーやブラックで飲むのがおすすめで、ケニア豆特有の風味を感じる

コロンビア

コロンビアコーヒーは苦味と酸味のバランスが取れていて、クセが少なくきりっとした味わいが特徴的

強すぎないコクがあり、非常に飲みやすく、落ち着きのある上品さが感じとれる

ベトナム

ベトナムコーヒーは酸味がほとんどない甘味と苦味の強さが特徴で、香ばしさの強いことから練乳等を加えて飲む濃厚さを際立たせたコーヒーが人気

コスパ最高の美味しいコーヒー豆ブランド

コスパの良いコーヒー豆の基準は?

コスパの良いコーヒー豆とは約一杯分となる10gあたりの単価が100円未満のコーヒーで、欠点豆と呼ばれる良質な味が出ない豆が少ないコーヒー豆

美味しいコーヒー豆 おすすめブランド

私が実際に飲んで美味しくてコスパの良いブランドは「澤田コーヒー」と「加藤珈琲」の2つのみ。いずれも大手で自社のウェブサイトもあります

おすすめのコーヒー4点

全て私が実際に飲んで、再度飲みたいと思った商品です。価格は通常の価格が表示されますが、澤井珈琲も加藤珈琲も自社のウェブサイトで半額セールやタイムセールがあるので、こまめに情報収集を行い、50%~20%引きのセールの時に購入すると、コストパフォーマンスはさらに高まります

コスパ重視の家コーヒー まとめ

私の推奨する家コーヒーは1杯あたり30~40円で考えてます。喫茶店のコーヒーが400~500円もする時代に高くても40円でコーヒーが飲めます。コーヒーは一日に3~5杯位飲んでます。沢山飲むと効能もあるみたいです。コンパの良い家コーヒーバンザイです

コメント