googlefc.controlledMessagingFunction 健康寿命と生きがい ~元気で長生きするコツ~ - ひらめきシニアライフ

健康寿命と生きがい ~元気で長生きするコツ~

スポンサーリンク
健康寿命と生きがい シニアライフ

今は人が長生きする時代です。でも、長生きだけではなく、元気で楽しく暮らしたいですよね。そのためには、健康寿命と生きがいが大切です。
健康寿命とは、自分で体を動かせる年数のことです平均寿命は87歳ぐらいですが、健康寿命は75歳ぐらいです。つまり、12年ぐらいは体に不自由がある状態で暮らすことになります
生きがいとは、生きる楽しみや喜びを感じることです。人によって違いますが、趣味や仕事、家族や友人などが生きがいになることがあります。
健康寿命と生きがいは関係しています。健康寿命が長ければ、生きがいを感じやすくなります。逆に、生きがいを持てば、健康寿命も伸びやすくなります。これはたくさんの研究でわかっています。
この記事では、70歳代の女性の方に向けて、健康寿命と生きがいを高めるために知っておきたいことを、3つのことに分けて話します。
健康寿命と生きがいの今の状態と問題点
健康寿命と生きがいに影響するもの
健康寿命と生きがいを高める方法

健康寿命と生きがいはお互いに関係しています。健康寿命と生きがいに影響するものや高める方法について知っておくことが大切です
健康寿命と生きがいを高めることで、人生100年時代を元気で楽しく暮らすことができます

健康寿命と生きがいの今の状態と問題点

  1. 日本の女性は長生きですが、健康で暮らせる年数は短いです。70歳代は健康に変化が起こりやすい時期です。「老いの分かれ道」とも言えます。介護が必要になったり、認知症や骨折などの危険も増えます。
  2. 高齢女性の方は日常生活に満足している人が7人に10人ぐらいいます。でも、最近は少しずつ減っています。生きがいを感じている人も7人に10人ぐらいですが、同じように減っています。
  3. 高齢女性の方は、「友だちや知り合いとご飯やおしゃべりをする時」や「趣味やスポーツに夢中になる時」など自分らしい時間を過ごす時に生きがいを感じます。でも、コロナウイルスや孤立化などのせいで、そのような時間が少なくなっているかもしれません。

健康寿命と平均寿命の違い

健康寿命とは、自分で歩いたり、食べたり、遊んだりできる期間のことです。平均寿命とは、生まれてから死ぬまでの期間のことです。


健康寿命と平均寿命は同じではありません。例えば、100歳まで生きる人がいたとします。その人が90歳まで自分で歩いたり、食べたり、遊んだりできたら、その人の健康寿命は90歳です。でも、その人が80歳からベッドに寝たきりになったり、介護が必要になったりしたら、その人の健康寿命は80歳です。


健康寿命は平均寿命よりも短くなることが多いです。日本では、男性の平均寿命は81.41歳、女性の平均寿命は87.45歳です。でも、男性の健康寿命は72.68歳、女性の健康寿命は75.38歳です。つまり、男性は約9年、女性は約12年も自分で歩いたり、食べたり、遊んだりできない期間があるということです。


健康寿命を延ばすことは大切です。健康寿命を延ばすことで、自分らしく楽しく生きることができます。健康寿命を延ばすためには、運動したり、野菜や果物を食べたり、早く寝たりすることが大切です。また、友だちや家族と仲良くしたり、好きなことや得意なことをしたりすることも大切です。

健康寿命と生きがいに影響するもの

  1. 健康寿命に影響するものは、3つあります。遺伝的なもの、個人的なもの、社会的なものです。遺伝的なものは約2~3割、個人的なものは約4~5割、社会的なものは約3~4割の影響力があると言われています。
  2. 個人的なものは、食べ物や運動、寝る時間、タバコやお酒などの生活習慣や、ストレスや気持ちのコントロールなどの心の状態などです。これらは自分で変えられることが多く、健康寿命を長くするために最も大切なものです。
  3. 社会的なものは、お金や学歴、仕事、住むところ、病院などの社会的な立場や、家族や友だち、地域などの人との関係などです。これらは自分だけでは変えにくいことも多く、健康に差が出たり、孤立したりする問題もあります。
  4. 生きがいに影響するものは、2つあります。個人的なもの、社会的なものです。個人的なものは、自分の考え方や目標、自分らしさや自信などの心の要素や、趣味や勉強、健康管理などの行動の要素などです。社会的なものは、家族や友だち、仕事仲間などの人との関係や、ボランティアや地域活動などに参加して社会に貢献することなどです。

健康寿命と生きがいを高める方法

健康寿命を高める方法

健康寿命を高める方法は、遺伝的なもの、個人的なもの、社会的なものの3つから考えることができます。遺伝的なものは、自分の体質や病気の危険を知り、予防や治療をすることで改善できます。個人的なものは、食べ物や運動、寝る時間、タバコやお酒などの生活習慣を見直し、健康に良いバランスを取ることで改善できます。社会的なものは、お金や学歴、仕事、住むところ、病院などをよくしたり、家族や友だち、地域と仲良くしたりすることで改善できます。

生きがいを高める方法

生きがいを高める方法は、個人的なもの、社会的なものから考えることができます。個人的なものは、自分の考え方や目標に合わせて自分らしさや自信を高めたり、趣味や勉強、健康管理などに時間や労力を使ったりすることで高めることができます。社会的なものは、家族や友だち、仕事仲間などの人との関係を深めたり、ボランティアや地域活動などに参加したりして社会に貢献することで高めることができます。

関連記事>>>シニアの健康 今後健康でいられる期間は「健康寿命」でなく「健康余命」

関連記事>>>シニアに適したウォーキング 無理なく楽しく歩いて健康

まとめ

  • この記事では、70歳代の女性の方に向けて、健康寿命と生きがいを高めるために知っておきたいことを3つのことに分けて話しました。
  • 健康寿命と生きがいはお互いに関係しています。健康寿命と生きがいに影響するものや高める方法について知っておくことが大切です。
  • 健康寿命と生きがいを高めることで、人生100年時代を元気で楽しく暮らすことができます。
  • この記事が皆さんの健康と幸せのお役に立てれば嬉しいです。
  • 最後まで読んでくださってありがとうございました。コメントやシェアなどしてくださると嬉しいです。

ミィフィー婦人パジャマ(M)(L)【秋】【冬

コメント