googlefc.controlledMessagingFunction 海洋放出されるトリチウムは魚に影響を与えるのか? | ひらめきシニアライフ

海洋放出されるトリチウムは魚に影響を与えるのか?

スポンサーリンク
海洋放出トリチウム トピック

福島第一原発から海洋に放出される予定の処理水に含まれるトリチウムは、魚に影響を与えるのでしょうか?トリチウムとは何か、どのように海洋環境や生物に影響するか、どのように安全管理されるかなど、科学的な知識をもとに解説します。この記事では、国内外の研究やデータを紹介しながら、トリチウムの性質や動態、影響評価などを分かりやすく説明します。海洋放出について客観的に判断するために必要な情報を提供します。

出典:電気事業連合会

Enelog47号『FOCUS1』
ALPS処理水の海洋放出って、本当に大丈夫?

関連記事>>>福島第一原発の処理水、24日放出決定 政府・東電

トリチウムの性質と影響

  • トリチウムは水素の同位体で、原子核に中性子が2つ含まれています。そのため、水素と同じ化学的性質を持ちます。
  • トリチウムはベータ崩壊を起こしてヘリウム3に変わります。その際に出るベータ線は弱く、紙一枚で遮れるほどです。
  • トリチウムは自然界でも存在し、宇宙線や大気中の窒素と反応して生成されます。また、核実験や原子力発電所などでも人工的に生成されます。
  • トリチウムの半減期は約12.3年で、その間に半分の量がヘリウム3に変わります。そのため、時間が経てば自然に減少します。
  • トリチウムは水と同じ化学的性質を持つため、水分として生物の体内に取り込まれます。しかし、生物の代謝によって体内から排出される速度も速く、濃縮されることはありません。
  • トリチウムが人体に与える影響は、被曝量(シーベルト)で評価されます。シーベルトとは放射線が人体に与える生物学的影響を表す単位です。
  • 国際的な基準では、一般人が1年間に受けてもよい被曝量は1ミリシーベルト以下とされています。これは日本で1年間に自然界から受ける被曝量と同等かそれ以下です。
  • 海洋放出される処理済み汚染水のトリチウム濃度は1リットルあたり6万ベクレル以下となるように海水で薄められます。ベクレルとは放射能の強さを表す単位です。
  • この水を70歳まで毎日2リットル飲み続けた場合でも、被曝量は年間1ミリシーベルト以下になります。つまり、海洋放出されるトリチウムは人体に影響を与えないと言えます。

魚に影響はあるのか?

  • 海洋放出されるトリチウムは魚に影響を与えるのでしょうか?その答えは、ほとんど影響がないということです。
  • 魚は水分としてトリチウムを体内に取り込みますが、代謝によって体内から排出される速度も速く、濃縮されることはありません。
  • また、トリチウムが出すベータ線は弱く、魚の細胞やDNAにダメージを与えることはほとんどありません。
  • さらに、海洋放出されるトリチウムの量は、自然界や他の原子力施設から放出されるトリチウムの量と比べても極めて少ないです。
  • 例えば、日本近海のトリチウム濃度は平均で約10ベクレル/リットルですが、これは自然界からのトリチウムが主な原因です。また、世界中の原子力施設から毎年放出されるトリチウムの量は約1.8京ベクレルですが、これは福島第一原発から放出されるトリチウムの量の約200倍です。
  • したがって、海洋放出されるトリチウムは魚に影響を与えないと言えます。
海洋放出以外の対応策

海洋放出以外の処分方法は時間とコストの面でよろしくない。結果的に海洋放出が得策

出典:電気事業連合会

海洋放出の風評被害

海洋放出の風評被害とは、福島第一原発の処理水を海に放出することによって、水産物や観光などに悪影響が及ぶという誤ったイメージや不安感のことです。

風評被害が引き起こす可能性

  • 水産物の需要や価格が低下し、漁業者の収入や生活が損なわれる。
  • 水産物の輸出や輸入が制限され、国際的な信頼や評価が失われる。
  • 海洋環境や生態系にダメージが与えられ、生物多様性や資源の保全が困難になる。
  • 観光客や消費者が福島県や東日本を敬遠し、復興や経済活動に支障が出る。

政府が実施する予定の対策

  • 海洋放出の前提条件として、厳格な安全管理やモニタリングを行い、国際機関や第三者による監視や透明性の確保を行う。
  • 生産者や流通業者、消費者などに向けて、海洋放出の安全性や影響に関する正しい情報を普及・浸透させる。
  • 国際社会に対しても戦略的に情報発信し、輸入規制の緩和・撤廃に向けて働きかける。
  • 万一風評影響が発生した場合にも、事業者の体力を強化し、需要変動に対応するセーフティネットを整備する。

まとめ

この記事では、福島第一原発の処理済み汚染水に含まれるトリチウムという放射性物質について、その性質や海洋放出の影響について解説しました。
トリチウムは水と同じ化学的性質を持ち、分離が難しく、他の放射性物質と違ってALPSで除去できません。
トリチウムは自然界でも存在し、放射線は弱く、半減期は約12.3年です。海洋放出される場合は、海水で薄めて基準値以下にしてから放出されます。
海洋放出されるトリチウムは人体や魚に影響を与えないと言えます。これは科学的な根拠に基づいた事実です。
しかし、海洋放出に対する反対や懸念の声も多くあります。これらの声に対しても、正しい情報を伝えて理解を求めることが重要です。
海洋放出は決して安易な処分方法ではありません。海洋環境や水産業への影響を最小限に抑えるためにも、厳格な管理やモニタリングが必要です。
私たちは科学的な知識を持って、海洋放出について客観的に判断することができます。そして、福島の復興や原発事故の収束に向けて、一歩ずつ前進していきましょう。

コメント