googlefc.controlledMessagingFunction 必見!高カカオチョコレートを食前に食べるとダイエット効果が倍増する理由 - ひらめきシニアライフ

必見!高カカオチョコレートを食前に食べるとダイエット効果が倍増する理由

スポンサーリンク
高カカオチョコレート トピック

甘いものはダイエットの敵だと思っていませんか?でも、甘いものの中にはダイエットに味方するものもあります。それが高カカオチョコレートです。高カカオチョコレートは、糖質や脂質の吸収を抑えたり、満腹感を与えたりする効があります。特に、食事の前に高カカオチョコレートを食べることで、その効果がより強くなります。この記事では、高カカオチョコレートを食前に食べるとダイエット効果が倍増する理由と、その科学的な根拠をご紹介します。

高カカオチョコレートを食前に食べるとどんな効果があるの?

あなたは、ダイエットや健康に気を使っているけれど、甘いものが好きでやめられないという方はいませんか?甘いものはカロリーが高くて太りやすいと思われがちですが、実はそうではありません。甘いものの中には、ダイエットや健康に有益なものもあります。それが高カカオチョコレートです。高カカオチョコレートには、カカオポリフェノールという成分が豊富に含まれており、血糖値の上昇を抑えたり、動脈硬化や高血圧の予防に役立ったりすると言われています 。また、美肌効果やストレス緩和効果も期待できます 。しかし、高カカオチョコレートを食べるタイミングや量によっては、その効果が十分に発揮されないこともあります。そこで、この記事では高カカオチョコレートの食前の効果と食べ方のコツを紹介します。

高カカオチョコレートを食前に食べるときの3つのポイント

カカオ含有率は70%以上を選ぶ

  • 高カカオチョコレートの効果の主役は、カカオポリフェノールです。カカオポリフェノールは、カカオ豆に含まれるポリフェノールの総称で、抗酸化作用や血管拡張作用などがあります 。
  • 一般的に、高カカオチョコレートはカカオ含有率が70%以上のものを指します。カカオ含有率が高いほど、カカオポリフェノールの含有量も多くなります。逆に、砂糖やミルクなどの添加物が多いほど、カロリーや糖質も増えます。
  • そのため、高カカオチョコレートを選ぶときには、パッケージに記載されているカカオ含有率や原材料を確認しましょう。できるだけシンプルな成分で、70%以上のものを選びましょう。

食事の20〜30分前に食べる

  • 高カカオチョコレートを食べる最適なタイミングは、食事の20〜30分前です 。これは、高カカオチョコレートに含まれるカカオポリフェノールが、食事で摂取した糖質の吸収を緩やかにする効果があるからです。
  • 糖質は消化されると血糖値を上昇させますが、血糖値が急激に上昇するとインスリンというホルモンが分泌されます。インスリンは血糖値を下げる働きがありますが、同時に脂肪の蓄積も促進します。
  • 血糖値が急降下すると空腹感やイライラ感を引き起こします。これらはダイエットや健康にとって好ましくありません。
  • 食事の20〜30分前に高カカオチョコレートを食べることで、カカオポリフェノールが消化管で糖質と結合し、吸収速度を遅くします。これにより、血糖値の上昇が穏やかになり、インスリンの分泌も抑えられます。
  • 満腹中枢に働きかけて食欲を抑制し、食事量を減らす効果もあります。さらに、高カカオチョコレートに含まれるテオブロミンやフェニルエチルアミンという成分は、気分を明るくしたりリラックスさせたりする効果もあります 。
  • 食事の20〜30分前に高カカオチョコレートを食べることでダイエットや健康に有利な状態を作ることができるのです。もし忘れてしまっても、食直前でも効果はありますが 、できるだけ早めに食べることを心がけましょう。

1回5g、1日25gを目安に食べる

  • 高カカオチョコレートは、食前だけでなく食間にも食べることがおすすめです。食間に高カカオチョコレートを食べることで、血糖値の乱高下を防いだり、空腹感やストレスを和らげたりすることができます 。
  • しかし、食べ過ぎると逆効果になることもあります。高カカオチョコレートは、1枚5gあたり約30kcal、糖質約1.5gです。これを基準にすると、1回5g、1日25gが目安となります 。
  • これ以上食べると、摂取した糖質や脂質が脂肪として蓄積される可能性があります。また、高カカオチョコレートに含まれるテオブロミンは利尿作用があるので、水分補給も忘れないようにしましょう。

高カカオチョコレートを食前に食べるときの3つの注意点

糖質や脂質が多いものは避ける

  • 高カカオチョコレートは、カカオポリフェノールという成分が豊富に含まれており、ダイエットや健康に効果的です。しかし、高カカオチョコレートと言っても、カカオ含有率や原材料、添加物などによって品質や効果が異なります。
  • 特に、糖質や脂質が多く含まれているものは避ける必要があります。糖質や脂質が多いと、カロリーや血糖値の上昇が大きくなります。また、添加物や香料なども体に負担をかける可能性があります。
  • そのため、高カカオチョコレートを選ぶときには、パッケージに記載されている成分表や栄養成分表をよく見て、糖質や脂質の少ないものを選びましょう。

水分補給を忘れない

  • 高カカオチョコレートは、テオブロミンという成分が含まれており、利尿作用や血圧降下作用などがあります。
  • しかし、テオブロミンは水分を体外に排出するため、高カカオチョコレートを食べると脱水症状になる可能性があります。脱水症状は、頭痛や倦怠感、肌荒れなどの原因になります。
  • また、水分が不足すると血液がドロドロになり、動脈硬化や血栓のリスクも高まります。これらはダイエットや健康にとって好ましくありません。
  • そのため、高カカオチョコレートを食べるときには、水分補給を忘れないようにしましょう。
  • 特に、食前に高カカオチョコレートを食べる場合は、食事中にも水分を摂ることを心がけましょう。

アレルギーや副作用に注意する

  • 高カカオチョコレートは、ダイエットや健康に効果的ですが、その一方でアレルギーや副作用を引き起こす可能性もあります。高カカオチョコレートに含まれるカカオポリフェノールやテオブロミンは、個人差や体質によってはアレルギー反応や副作用を起こすことがあります。
  • アレルギー反応としては、かゆみや発疹、腫れなどがあります。副作用としては、不眠や動悸、吐き気などがあります。これらの症状が出た場合は、すぐに高カカオチョコレートの摂取を中止し、医師に相談しましょう。
  • また、妊娠中や授乳中の方は、高カカオチョコレートの摂取に注意する必要があります。高カカオチョコレートに含まれるテオブロミンは、胎児や乳児に影響を与える可能性があります。そのため、妊娠中や授乳中の方は、高カカオチョコレートの摂取量を減らすか、医師に相談することをおすすめします。

高カカオチョコレートを食前に食べる以外の3つの効果的な食べ方

運動前に食べるとパフォーマンスが向上する

  • 高カカオチョコレートを運動前に食べると、運動能力やパフォーマンスが向上することが研究で示されています 。
  • 高カカオチョコレートに含まれるカカオポリフェノールは、血管を拡張して血流を改善し、筋肉や脳に酸素や栄養を運ぶ効果があります。これにより、筋肉の疲労や酸素欠乏を防ぎ、持久力や反応速度を高めます。
  • また、高カカオチョコレートに含まれるテオブロミンやカフェインは、中枢神経を刺激して覚醒や集中力を高める効果があります。
  • これにより、気分やモチベーションを上げ、運動の効果を最大化します。
  • 運動前に高カカオチョコレートを食べるときは、運動の30分〜1時間前に5g程度食べるのがおすすめです。

おやつに食べると血糖値が安定する

  • 高カカオチョコレートをおやつに食べると、血糖値の乱高下を防いで、ダイエットや健康に効果的です。高カカオチョコレートに含まれるカカオポリフェノールは、消化管で糖質と結合し、吸収速度を遅くする効果があります。
  • これにより、血糖値の上昇が穏やかになり、インスリンの分泌も抑えられます。また、高カカオチョコレートに含まれる脂質は、満腹感を与えて食欲を抑制する効果があります。
  • これにより、次の食事までの空腹感や間食欲を抑えることができます。おやつに高カカオチョコレートを食べるときは、午後3時頃に5g程度食べるのがおすすめです。

寝る前に食べると睡眠の質が向上する

  • 高カカオチョコレートを寝る前に食べると、睡眠の質が向上することが研究で示されています 。高カカオチョコレートに含まれるカカオポリフェノールは、セロトニンという神経伝達物質の生成を促進する効果があります。
  • セロトニンは、メラトニンという睡眠ホルモンの原料となります。メラトニンは、体内時計を調整して睡眠サイクルを整える効果があります。これにより、入眠しやすくなり、深い睡眠を得られます。
  • また、高カカオチョコレートに含まれるマグネシウムは、筋肉や神経の緊張を緩和してリラックスさせる効果があります。
  • これにより、ストレスや不安を和らげて快眠に導きます。寝る前に高カカオチョコレートを食べるときは、就寝の1時間〜2時間前に5g程度食べるのがおすすめです。

関連記事>>>リンゴ酢ダイエットの効果と飲み方【科学的根拠あり

関連記事>>>脂肪肝を改善して自然に痩せる!驚きの一週間プログラムとは

関連記事>>>ビヒィズスサプリおすすめランキング!

まとめ

この記事では、高カカオチョコレートを食前に食べることで得られる効果と、その食べ方のポイントや注意点を紹介しました。高カカオチョコレートは、カカオポリフェノールという成分が豊富に含まれており、ダイエットや健康に様々な効果をもたらします。しかし、高カカオチョコレートを食べるときには、カカオ含有率や原材料、添加物などに気を付ける必要があります。また、食べるタイミングや量も重要です。食前だけでなく、運動前やおやつや寝る前などにも効果的に食べることができます。高カカオチョコレートを上手に利用して、ダイエットや健康をサポートしましょう。

コメント