googlefc.controlledMessagingFunction ジャニーズリスクとは?大企業が直面する課題と対策 - ひらめきシニアライフ

ジャニーズリスクとは?大企業が直面する課題と対策

スポンサーリンク
ジャーニーズリスク トピック

近年、エンターテイメント業界では「ジャニーズリスク」という言葉が頻繁に耳にするようになりました。しかし、この言葉の意味を正確に理解している人は少ないかもしれません。ジャニーズリスクとは、ジャニーズ事務所所属のタレントが起こす問題行動やスキャンダルが、関連企業や商品のイメージ、売上げに悪影響を及ぼすリスクのことを指します。これは、大企業が特に注意しなければならない課題であり、適切な対策を講じることで事態の悪化を防ぐことが可能です。
この記事では、ジャニーズリスクがどのように発生し、それが大企業にどのような影響を及ぼすかを詳しく解説します。また、具体的な対策や成功事例を通じて、ジャニーズリスクをどのように管理し、ビジネス上の成功を実現するかについても考察します。これから紹介する情報が、あなたのビジネス戦略に役立つことを願っています。

ジャニーズリスクの定義と詳細

ジャニーズリスクの定義

ジャニーズ事務所が、創業者のジャニー喜多川氏の「性加害」をはじめて認めて謝罪したことに端を発した「ジャニーズリスク」のことです。ジャニーズ事務所に所属するタレントが起こす問題行動やスキャンダルは、関連企業や商品のイメージ、売上げに悪影響を及ぼします 今、企業危機管理の世界では、企業の広告やイメージキャラクター起用で、「ジャニーズを切るべきか、切らざるべきか」という、大変悩ましいジャッジが行われています。

ジャニーズリスクの詳細

ジャニーズリスクとは、ジャニーズ事務所に所属するタレントが起こす問題行動やスキャンダルが、関連企業や商品のイメージ、売上げに悪影響を及ぼすリスクのことを指します。これは、大企業が特に注意しなければならない課題であり、適切な対策を講じることで事態の悪化を防ぐことが可能です。

  • スキャンダル:タレントが不適切な行動を起こした場合、それがメディアに取り上げられると、そのタレントと関連する企業や商品のイメージが傷つく可能性があります。これは、消費者の購買意欲を減退させ、売上げに影響を及ぼす可能性があります。
  • 契約問題:タレントが事務所との契約を解除したり、移籍したりすると、そのタレントを起用していた企業のマーケティング戦略に影響を及ぼす可能性があります。これは、新たなマーケティング戦略を立て直すための時間とコストを必要とします。
  • 健康問題:タレントが健康問題で活動を休止した場合、そのタレントをフィーチャーした商品やサービスの販売に影響を及ぼす可能性があります。これは、代替のプランを立てるための時間とリソースを必要とします。

大企業がジャニーズリスクに直面する場合に生じる課題

  1. イメージの損:ジャニーズタレントがスキャンダルを起こした場合、そのタレントを起用している企業のイメージも損なわれる可能性があります。これは消費者の信頼を失い、売上げに影響を及ぼす可能性があります。
  2. マーケティング戦略の変更:タレントが事務所を移籍したり、活動を休止したりすると、そのタレントをフィーチャーした商品やサービスのマーケティング戦略を見直す必要があります。これは追加の時間とコストを必要とします。
  3. 契約違反のリスク:タレントが契約違反を起こした場合、それにより企業が法的な問題に巻き込まれる可能性もあります。
  4. 投資リス:企業がタレントとの長期契約を結んでいる場合、そのタレントが問題行動を起こすと、その投資が無駄になる可能性があります。

ジャニーズリスクに対する大企業の対策

  1. リスク管理体制の強化:企業は、タレントとの契約を結ぶ前に、そのタレントが過去に問題行動を起こしたことがないかを確認することが重要です。また、契約期間中もタレントの行動を定期的にチェックし、問題が発生した場合には迅速に対応できる体制を整えることが求められます。
  2. PR戦略の見直し:タレントが問題行動を起こした場合、企業はそのタレントを起用した商品やサービスのPR戦略を見直す必要があります。新たなマーケティング戦略を立てる際には、そのタレントが関与していない他の魅力的な要素を強調することが有効です。
  3. 契約内容の見直:企業は、タレントとの契約内容を見直し、問題行動が発生した場合の対応策を明確にすることが重要です。例えば、問題行動が発生した場合に契約を解除できる条項を設けるなどです。
  4. 代替案の準備:タレントが活動を休止した場合や契約を解除した場合に備えて、代替案を準備しておくことも重要です。これには、他のタレントやインフルエンサーを起用することや、商品やサービス自体の魅力を再度強調するなどの方法があります。

ジャニーズリスクに対応した成功事例

ジャニーズリスクに対応した成功事例として、以下のようなケースが報告されています

  • トヨタ:トヨタは、ジャニーズリスクに対して適切に対応し、その結果、リスクを最小限に抑えることができました。
  • 日本航空、アサヒホールディングス、キリンホールディングス、サントリーホールディングス、東京海上日動、日本生命:これらの企業は、ジャニーズリスクに対して積極的に対応し、「適切な対応が取られるまで当面の間、起用を見送る」と発表しました。
  • 民放テレビ局や花王:これらの企業は、「タレントに問題はないので、これまで通りに番組に起用します」と表明しました。

これらの事例は、ジャニーズリスクに対する適切な対応が、企業のイメージや信頼性を保つために重要であることを示しています。それぞれの企業は独自の戦略を立て、その結果として成功を収めています。これらの事例から学ぶことで、他の企業も同様のリスクに対処するための有効な戦略を考えることができます。

ジャニーズリスクに対する適切な対応とは?

ジャニーズリスクへの対応策は、ほとんどの企業は「検討中」です。無理もない。あの会見で東山紀之社長がジャニー氏の性加害について「うわさレベルで聞いていた」と驚いていたことを受けて、「被害者の会」の人々が「保身のためのうそ」「違和感がある」などと批判していたからです。

もし被害者の会の指摘が事実なら、新社長になって早々にうそをついたことになってしまいます。いずれにせよ、組織としてまだまだ何かを隠しているムードがプンプン漂っているので、「様子見」をする企業が多いのです。

大手日産の対応はこれで良いのか?

日産は木村拓哉氏のCM起用を「契約満了まではCMを継続する」というのんびりとした対応としていますが、危機管理的にかなりまずいのではないかと判断されます。

木村拓哉氏にCM継続に関する3つの危機的理由

  1. 新たな問題が発覚する可能性があります。例えば、ジャニー喜多川氏が少年に性加害をしていることを把握しながら、未成年者を彼の合宿所に送り込んだ先輩タレントがいた、というような「告発」がなされるかもしれません。
  2. 木村さんは所属タレントのポジションを超えた「組織幹部」という位置付けです。東山新社長は事前に木村さんと面談しています。
  3. 木村さんの「失言リスク」もあり得ます。今の「やっちゃえ日産」というキャッチコピーも、ジャニー喜多川氏の口癖として多くの所属タレントがマネをしていた「ユー、やっちゃいなよ」と似ているのでリスキーです。ジャニーズ事務所の「幹部」である木村さんが炎上したときには、間違いなくネタにされてしまいます。

タレントに依存する時代ではない?

よく業界では「トヨタの危機管理はスゴい」などと言われるが、木村さん、香川さんという過去のタレント不祥事による広告トラブルを経験した結果、「トヨタイムズ」のような方針になったとしたら本当にスゴいことだと思います。

トヨタはオウンドメディアに切り替えました。ある程度、ブランドも知名度もある企業ならば自前でメディアをつくって情報発信をしたほうが、芸能事務所に莫大な契約料を支払わなくていいし、「タレントの不祥事で広告打ち切り」なんてことに労力を奪われなくてすむ。コスパを考えれば極めて合理的な判断です。

まとめ

この記事では、ジャニーズリスクがどのように発生し、それが大企業にどのような影響を及ぼすかを詳しく解説しました。また、具体的な対策や成功事例を通じて、ジャニーズリスクをどのように管理し、ビジネス上の成功を実現するかについても考察しました。

ジャニーズリスクに対する対応策は、企業間で格差があります。「ジャニーズ外しドミノ」が広がっていけば、大企業の多くは「ジャニーズを広告に起用しても、しなくても、そんなに売り上げが変わらなくない?」という“不都合な真実”に気付くはずです。そうなると、トヨタのような判断をする企業も増えていくことでことでしょう。「数字」をもつタレントで大金を稼ぐという、広告ビジネスは大きな転換期を迎えているのかしれない。

コメント